気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

2017年08月

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

NGC7000


 2ヶ月ぶりの天体 NGC7000北アメリカ星雲です。
 右側にIC5070、かろうじてIC5067ペリカン星雲も

北アメリカ星雲-C3-AB

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2017/08/12 20:09-
 ε130D   HEUIB-ⅡCANON EOS 6D SEO-SP4 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 300秒 11枚
 SI7ダークフラット コンポジット・デジゲン  PhotoshopCC画像調整
 
 東京出張で購入したHEUIB-Ⅱを初めて使いました。
 気になっていたゴーストはこの天体ではでなかったみたいです。
 よかったよかった。

 うわさ通りカラーバランスが崩れないのがうれしいですね。
 だからといって画像編集が上手とか楽になるわけではないですけど(あはははは
 本当にほしいのはHαフィルタなんですけど、なんせお高いので手が出せません!

 画像編集はというと、赤色にばっかり注視していたので、星の色がまた白くなりましたーー;
 ま、今回はよしとしましょう。

 さて、来週はついにあそこに乗り込むぞ!
 できれば、そのときにいいね!写真展の写真が受け取れるとうれしいんだけどなぁ。。
 よろしくお願いします。m(_ _)m

 8/15追記
 夏休みなのにどこにもでかけなくて暇なんですよ。
 微光星がおかしな色になっていたので再編集しました。
 ついでに周辺減光補正とか。。もろもろ
北アメリカ星雲-C3-3S-1P-1P-1P-1P



にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 

フラット画像の撮影


 最後に撮影したのは6月16日 のアンタレス付近でもう2ヶ月近く撮影してません!
 困ったもんだ。。。

 フラット撮影についてです。

 普段は撮影する前か、後にフラットは撮影してますが、
 時間が無いときもあるので汎用フラットを撮影しました。
 ひまなのでそのときのフラット画像の撮影について書いてみます。
 あくまで自己流ですからね。

 フラットの撮影風景はこちら
P1000143

 私のフラット撮影用GOODSは八塔寺星を観る会オリジナルフラットシートを使ってます。
 これでバチバチ撮影
P1000149
 
 撮影枚数ですが、以前は20枚程度だったのですが、風の便りでイプシロンは減光が激しいので
 100枚くらいないとダメーというのを聞いたので、最近は100枚撮影してます。

 フラットと同様にフラットダークも撮影
P1000144

 こちらは鏡筒の蓋をしめて撮影してます。
 枚数はフラットと同じ枚数なので100枚です。

 で、これをステライメージとRStacker用の2種類のフラット画像を作ってます。
 出来上がったのがこんな感じ
フラット100枚

 なかなかクリーミーな画像が出来ました。
 上はBOX減光がありますが、下はミラーを外しているのでBOX減光はでなくなってます。
 
 準備は済んでるんだけどなぁ。。
 12日は八塔寺星を観る会の観望会でペルセウス座流星群を楽しむつもりなので晴れてほしいな。

 それと五十肩になったようです。
 右腕があがりません!
 困ったもんだ。。。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
八塔寺星を観る会イベント