気の向くままに写真を撮りたい

富士山で見た星空。コンデジでは残せませんでした。 いつかあの星空をそのまま写真に納めたい。 それが私の目標です。

2019年04月

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
個人で楽しむ場合は連絡不要ですが、それ以外の用途の場合はコメント欄にて連絡をお願いします。
(注意事項)著作権を放棄したわけではありません。

原点へ 衝撃のラストは・・・


 原点シリーズもこれで最後です。

 そもそもなんでGW初日から富士山に行ったかといいますと、
 かみさんがUTMFのボランティアスタッフで富士山まで行ってまして、
 行きは同じボランティアをする方と出かけたのですが、帰りは別々になるってことで
 富士山まで迎え4649って。。。
 撮影一晩やっていいからなんて、うまい条件言われたやるしかないっすよ。

 そんなわけで28日の10時に待ち合わせの河口湖へ到着、夜まで時間があったので
 よくよく考えると観光はしたことがなかったので 山梨名物のほうとうを食したのちに
 富士五湖めぐりスタート
P_20190428_114801_vHDR_Auto

 まずは河口湖からです。
河口湖408A1876

河口湖408A1898

河口湖408A1953

河口湖408A1974

山頂付近408A1975

 西湖
西湖P_20190428_131621_vHDR_Auto

西湖408A1981

 精進湖
精進湖P_20190428_133904_vHDR_Auto

精進湖408A1986

精進湖408A1987

 本栖湖
本栖湖408A2007

本栖湖408A2015

本栖湖P_20190428_141831_vHDR_Auto

 最後に山中湖
山中湖408A2023

山中湖HDR408A2036

 12時頃河口湖をスタートして、西湖、精進湖、本栖湖、山中湖に到着したのが17時50分頃
 富士山は雲に覆われ、撮影が終わったころには雨も降りだし。。

 この後、御殿場口駐車場まで行って撮影するつもりでしたが断念しました。

 まぁ、ロケハンもできましたし、今回はこれでよしとしましょう。
 また行きます。

 ありがとうございました。
 
にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村






原点へ Part2


 Part2です。Part1をはこちら

 天体の撮影を始めたきっかけの話です。
 
 2012年3月まで東京に単身赴任してまして、そのころに職場で富士山登山がはやってまして
 毎年のよに職場の方々と登ってました。
 そのころ、まだ長男は中学生、次男は小学生で、
 夏休みになると子供たちは東京に遊びにやってきて、東京見物をしていたわけですが、
 主要なところは全部まわったので、家族で富士山でも登るかってことで、
 職場の方と一緒に吉田口から登ったのですが、その時に残念ながら次男は8合目で高山病になり
 山頂にいくのは断念しました。

 いつかは家族4人で山頂に立ちたいと思ってたのですが、
 2012年3月で単身赴任は終わり、岡山に戻ったのでその機会は無くなったのですが、
 この思いは強く2012年8月のお盆休みに再度チャレンジすることにしました。

 この時は、富士宮登山口から登り、御殿場口に下りてくるプリンスルートでした。
 このため、車は御殿場口5合目の駐車場へ駐車し、そこからタクシーで富士宮口まで向かうという
 プランとなるのですが、それこそが、運命の出会いとなったのです。

 2012年8月17日の1時ごろに御殿場駐車場へ到着、
 人気がないルートなので駐車場はガラガラのはずが、何人か人が立ってました。
 そして、たまたま駐車したスペースの隣の車の横に見慣れない機械があり
 その方に、「それは何ですか?」って尋ねたところ、望遠鏡で天体撮影をされていることを
 教えていただきました。

 そして撮影された写真を見せていただいたのが、M31アンドロメダ大銀河でした。(たぶん
 それまで天体というものは、天文台でしか見れない、撮影できないものだと思ってましたが
 そこで見たものは、理科の教科書に載ってるものと同じで、
 天文台でなくても撮影できるという衝撃的な事実を知ったのでした。

 全身がビリビリしたような感覚でしたねぇー。
 その方のお名前は覚えてないのですが、東京方面から来られた方で
 確かパジェロかランクルだったように思います。

 さらに、その方から「天体撮影は機材が必要だが、デジカメがあれば星空は撮影できるよ」と
 お聞きして、私は登山用に持っていたコンデジで設定をお聞きして星空を狙ったのでした。

 その時の写真がコレ
P1030343

 富士登山を終え、自宅に戻ってワクワクしなが撮影した画像を開いたら。。
 あの富士山の星空が写ってるとワクワクしていたのに、パソコンに表示されたのは
 真っ黒な写真でしかなかったのでした。

 _| ̄|○

 この記事をかくにあたり画像編集してみました。
P1030343-20190430編集

 少しは写ってるようですが、どこなんでしょう。。
 でも、まぁ、貴重なファーストショットですから、これはこれで。

 この時に見事な星空が写っていたら、今の自分はどうなってたんですかねー

 そういうわけで、私の天体写真の幕開けは
 2012年8月17日 富士山5合目御殿場駐車場なのです。

 そして、月日は流れ、
 2019年4月27日(土)原点へ出発したのでした。

 平成最後の日に自分の原点に戻ってみました。

 これまでブログに来ていただきました皆さんありがとうございました。
 これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

原点へ Part1


 このブログを書き始めたのが2012年10月7日、
 これまで訪問いただいた方の数(いわゆるアクセス数)は118,773と
 いつの間にか10万を超えてたようです。訪問いただきありがとうございました。

 ブログを書こうと思ったきっかけは、2014年4月27日に書いた記事です。
 その記事の1年前2013年4月27日には、その原点の記事がありました。
 この2つの記事が4月27日とは偶然ですが運命を感じます。
 
 私のHNは道端小石、ブログタイトルは「気に向くままに・・・」ですが、
 なんでそんな名前なのかと言いますと
P1030461

 ごくごく自然にありきたりで、どこにでもあるもの。
 そんな小石が並べばそこが道になる。写真を通じいろいろな方と出会い繋がっていければいいなぁ。
 肩肘張らず自由に趣味を楽しもうというような、そんな意味合いで名付けました。

P1030429

 こんな話はこれが初めてで誰にもしたことないんですが、この小説のラストシーンでは。。
 そして、この小説中で「道端の小石」という言葉も出てきますが、
 ブログ開設から数日はHNは「道端の小石」だったという。

 Part2に続く

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

桜2019 Part3 新庄村 がいせん桜並木


 新庄村のがいせん桜が満開って言うことで出かけてみました。
 ほんとうは家で鏡筒フード作りたかったんですけどねー。
 ま、たまにはいいか。

 その前に「新庄村」「がいせん桜」のおさらい (追記:2019/4/21)

 「新庄村は、明治5年の村政施策以降一度の合併もなく、大字のないのが特徴です。
  古くは出雲街道の宿場街「新庄宿」として栄え、旧出雲街道は今も当時の面影を
  残す風情のある通りとなっています。」 
  出典元:新庄村HPよりhttp://www.vill.shinjo.okayama.jp/index.php?id=82

看板408A1712

 この「がいせん桜並木」はその旧出雲街道にあり、その名前の由良は

 「明治38年(1905年)12月の村会(村議会)で、戦勝の永き記憶、地方風致を保ち、
  衛生上も利するとして、桜の植樹が決議された。御幸橋より町尻まで、200間(360m)の
  長さ、3間(5.4m)間隔に、137本の桜が植えられ、がいせん桜とよんで、
  みんなで守ってきているのです。
  がいせん桜並木は、春らんまんと花が咲き、夏の緑に秋の紅葉、冬は雪の花 となり、
  四季折々に風情を変えて、旧出雲街道新庄宿の町並みを、美しく引き立てているのです。」
  出典元:がいせん桜並木看板

 ここでいうところの戦勝とは日露戦争のことだそうです。
 また、日付にあるように植樹されすでに100年以上になりますが、132本が残存するそうです。

 追加
桜408A1720
 
桜408A1715

桜408A1718

桜408A1729

桜408A1730

 追加
桜408A1747

 桜吹雪が素敵でした。
桜408A1755

 追加
桜408A1756

桜408A1758

桜408A1769

桜408A1789

桜408A1843

 追加
桜408A1781

 追加
桜408A1783

桜408A1853

 がいせん桜がどんなところかタイムラプスで紹介


 プライバシー保護のため、顔が写りこまないよう撮影しておりますが(ボケ撮影を含む)
 顔が写りこんだものは顔にぼかし加工を行ってます。
 問題があればご本人様及びご家族の方よりコメント欄(公開されません)にて連絡ください。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




sh2-69,66,67,65


  わし座、こと座、へび座の境界にあるシャープレスカタログを狙ってみました。
sh2-65 66 67-C1-2S-1P-1P-1P-2P-1P

 わし座 天の川の中と散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2019/4/7  3:12~
 TAKAHASHI Epsilon-130D
 CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 27枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、ダーク、加算平均σクリッピング

 天の川の中にあるシャープレスカタログなので、430mmでは「小っさー」
 でも、暗黒帯もありますし、天の川の上には錆びたような分子雲?がかぶってるような
 カラフルではないですが、いろんなものが混じってるので処理は難しかったデス。
 そもそも、こんなのでいいのかさえも「わからん!」

 このブログ書いてるときに昨年の記事をみてたら、なんとこのエリアの下側を
 昨年7月に撮影してましたので、ついでに合体してみました。
M11付近と合体a

 モザイクすると1年前の処理と、今回の処理の違いがよくわかりますね。
 ・輝度に違いが出せれるようになった。
 ・同じような色にも変化が付けれるようになった。
 ・輝星の大きさの違いができるようになった。
 少しは進歩したってことでいいかなぁ。
 But,天の川の粒々は去年のほうがいいかな。。

 また、左上とか上部が気になりだしました。これは増築しなければ(笑)

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

桜2019 Part2


 毎年通ってる近所の河川敷の桜です。
 去年は数人程度しかいなかったのに今年はファミリーが沢山いらっしゃいました。

桜-1
 CANON EOS 5D MarkⅢ EF70-200 F2.8 L IS  ISO125 140mm f/2.8 絞り優先

桜-2
 CANON EOS 5D MarkⅢ SIGMA FISHEYE 15mm F2.8  ISO125 15mm f/2.8 絞り優先

桜-3
 CANON EOS 5D MarkⅢ EF100 F2.8 L MACRO  ISO400 100mm f/2.8 絞り優先

桜-4
 CANON EOS 5D MarkⅢ EF100 F2.8 L MACRO  ISO400 100mm f/2.8 絞り優先

桜-5
 CANON EOS 5D MarkⅢ EF100 F2.8 L MACRO  ISO400 100mm f/2.8 絞り優先

 RAWデータをPhotoshopcc2019にて現像、adobeRGBカラー

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




 

天ガ5月号 掲載していただきました。


 天文ガイド5月号に2月に撮影したトールの兜を掲載していただきました。
P_20190405_225814_vHDR_Auto

 昨年10月末に新しい仲間となったQHY163Mを使用したナローバンド撮影です。
 QHYCMOS冷却の特徴なのか片側にアンプノイズが多く
 なかなかうまいこと撮影ができず、ショップの方にもいろいろ相談していたのですが
 ただ回答を待ってるだけではなにも解決しないので、海外サイトの情報などを調べ
 GAIN,OFFSETを調整しながら撮影したやつなので、それが掲載されるのはとっても嬉しいです。

 画像はコチラ
トールの兜Ha-C2-1S-rgb-2P-1P-1P

 フルサイズだとちっこいのですが、4/3インチセンサーなので結構大きく写ります。
 QHYの購入の時にセンサーサイズが小さかったので、広範囲で天体を撮影したい私には
 ちょっと合わないかなと思っていたのですが、いざ使ってみるとこれまでちっこい天体が
 このサイズで撮影できるのはいいなと思いました。(食わず嫌いと同じですね^^;

 これからだんだんあったかくなりますが、これから冷却の本領発揮できたらなって
 これからが楽しみです。

 文末になりましたが
  今回の入賞も多くの方々にアドバイスがあったからこそです。
  ありがとうございました。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 



 
大阪あすとろぐらふぃ~迷人会
八塔寺星を観る会イベント
GPV天気(岡山)
にほんブログ村 天体写真はこちら