雨降ってるし、出かける用事ないし
 自転車の紹介でも書いてみます。

 愛車です。
P1040258

 私の持っている自転車はGAIANT ESCAPE R3 2007年式
 分類はクロスバイクというものになります。
 ロードバイク足すマウンテンバイク割る2って感じですね。
 フレームはアルミ製なので車重はなんと11kg程度ととっても軽いです。

 自転車にはサイクルコンピュータとLEDライト、ベル、反射板の保安部品をつけてます。
P1040246
 サイクルコンピュータでは走行距離、車速、平均時速、経過時間、時計機能があります。

 ギアはフロント3段リア8段の24パターンというとすごーになるのですが
 実際は街乗りだけなのでフロントは2、リアも3-5くらいしか使わないので
 数が多いだけですねw
P1040257
P1040255


 タイヤサイズ700C×28というもので27インチ幅2.8Cmくらいです。
 なのでタイヤはロードバイクと同じ。

 さてこのタイヤの手入れ(空気入れ)ですが普通の自転車の空気入れでは入りません。
 まず空気を入れるバルブが仏式という形状になっています。
P1040249
 街の自転車屋さんには仏式がなかったりするので緊急用に通常の英式アダプタもつけてあります。
P1040248
 それと空気圧が半端無く高いので通常の空気入れではそこまで圧がかからない
 どれくらい違うかというと
P1040253のコピー
 上記の写真の赤い矢印3のところが普通の自転車です。
 そして青い矢印9のところがこの自転車の空気圧になります。

 それだけ違えばさぞかしすごい空気入れが必要かというと
 いたってシンプルな空気入れ、予備タンクみたいなものもなくストレートですね。
P1040254
 入れる口がちょっと違う
P1040251

 実際に入れるときにはバルブを中に差し込んでレバーを上げるだけ
 こんな感じですから普通と変わりはないです。 
P1040244
 もちろん普通の自転車にも英式アタッチメントで空気入れることはできます。
P1040252
 
 普通の自転車に空気を入れるのは3-4回程度押すだけでほぼパンパンになります
 それ以上 調子に乗っていれると破裂するので要注意(笑

 どれくらいの速度がでるのかというと、私はあまり脚力もないのですが
 それでも平地、舗装道路、無風(ちょっと追い風)で40km(巡航はムリ)というところです。
 脚力のある方だと50km近くまででるらしい。
 ※危ないので道路では制限速度を守りましょう。制限速度を超過するとスピード違反になります。
P1040259
 
 そうそう山手線1周自転車の旅ってのが1日で周れて楽しいそうですよ
 東京の方是非チャレンジしてみてください。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村