川魚を焼くときに包丁でお腹を切って内臓をとってはいけません。
 魚の身を切ると焼いたときに魚の形が崩れるのです。
 そのまま焼くのがベストです。川魚の内臓はとってもおいしいですよ。
 でもどうしても内臓が苦手な方はスペシャルな方法があります!

 ここから先はあくまでアウトドアとしての話なのですが
 解剖とかニガテな方はここから先は読んではダメでーす。
 
 文字で伝わるかなぁ。。

  ①割り箸2本(1セット)を用意
  ②1本の割り箸を口からエラに向けて差し込み外に出します。
  ③その割り箸をもう一度内臓に向けてさし込みます。
                              ____________
                            <  ●)
   ==========)・)==)・・・・・・・・   
                            <______


   凡例 =====    割り箸(外:見える)
       ・・・・・・ 割り箸(中:見えない)です。
       あとは読み取ってください^^;

  ④もう一本の箸を反対側で同じように入れます。
  ⑤そしてをれを2回転 くらいします
  ⑥箸は挟んだ上体で引き抜きます。
  ⑦すると内臓とエラが口から でてくるのでした。

 渓流釣りをしてその場で魚をいただくときの簡単調理です。