なかなか星の写真を撮る機会もないので工作でも

 PWMコントローラーが正しく動作しているか
 わからないのでLEDを付けてみました。

 まずはブレッドボードを使って試作回路で試験です。
 最大出力 1.19A 赤いLEDが光ります。
_MG_5278

 中間出力 0.67A LEDが少し暗くなりました。
_MG_5279

 最少出力 0.01A 見えるか見えないか位の明かりです。
_MG_5282

 前回のFRISKボードに取付けです。
 あとFRISKケースは加工が難しく結局ボロボロになったので^^; 
 100円ショップで食品ケース(タッパー)買ってきて中に組み込みました。
_MG_5288

 電源側
_MG_5290

 レンズヒーター側
_MG_5291

 出力半分くらいにするとアマゾンで買った13000mAのバッテリーで
 12時間くらいは大丈夫でした。

 レンズヒーターは材料が余ったので大量作成です。
_MG_5293

 ちょっと作りすぎたかも
 でも、まだ材料余ってるのよね。
 
 2/16追記:
  PWMってON/OFFの繰り返しなので
  ON時の電圧、電流は変わらないと思っているのですが
  テスターで測定すると電圧・電流が変わっているように表示されるそうです。
  ON/OFFされているかはオシロスコープで見るとわかるそうです。
  でも、そこまでして調べてもね。。。