北アメリカ星雲の編集にあたりごぞごぞしたことをまとめておきます。

 まずはこの画像

北アメリカ星雲2-B

 これだけ見ると公開したものなにが違うの?って感じですが
 2枚を交互に見ていただくと違いが見えてくると思います。

 色が違うといいますか、このボツになったのはちょっとかぶりがあり
 ぼわ~んって感じなので、このかぶりを除去したのが公開したやつです。

 かぶりは定番のFLatAideを使えばいいのですが
 なぜだか私のPC1号Windows764bitではOutOfMemoryのエラーがでて動かないんです。
 PC2号Windows764bitではFlatAideは動くので環境の問題だと思ってます。

 よーくみるとかぶりといいますか、緑が強いように思えてきまして
 この緑だけを除去すればもしかしてかぶり{とれるんじゃね?}高校生風で
 ということで緑除去のマスクつくりに成功したのでした!

緑除去

 この緑は赤い星雲の上にのっかってるので星雲をマスクすると赤までが薄くなるので
 なかなか緑だけ抜くのはね。。。。。。。。。。
 そうだ!チャンネル減算マスクで赤は赤チャンネルー緑チャンネルなので反対にすればいいんだ!
 など試行錯誤してたら偶然これできたですよ(笑)
緑除去マスク

 ポイントは「マスク」にチェックを入れることです。
 これチェック入れないとほぼ黒になり効果ありませんでした。

 このマスクでトーンカーブ→グリーン→おもっきり下げ
 ただし、下げすぎると赤が強調され全体が赤っぽくなるのでそのへんはいい塩梅で

 するときれいに緑だけが抜けて公開したものになったというわけです。
 Photoshopって面白いなぁと改めて思いました。

 元画像の話

 これがダークもフラットもしていない元画像1枚です。
IMG_8427
 
 黄色の枠を切り出したものがこんなの
IMG_8427-切り出し

 この日は暑いし湿気多かったしノイズは仕方ないですね。
 冷却があればなぁと思いました。

 こっちがRStackerでダークフラット処理後
IMG_8427_20150726_173318


 同じ位置を切り出すと
IMG_8427-切り出し-補正後

 綺麗に除去されてますね。
 この画像が作成できるようになってだいぶ処理が楽になりました。

 RStackerの作者様ありがとうございます!!
 
 これをPhotoshopCCのスクリプトで合成しスマートオブジェクトの画像スタック平均で
 スタックしCamerarawフィルタで調整した後にマスクでごぞごぞです。

 スマートオブジェクトのCameraRawフィルタだと設定が残っているので
 やり直しがなんどでもできるのがいいですね。

 満月期です。昨日はブルームーンってことでしたので
 月を撮影しましたがぜんぜんだめだめなのでボツでした。

 ストックもなくなったので来週までおとなしくしておきます!
 
 来週は八塔寺星祭りです。そしてびっけパパさんは富士山へアタック前日だそうです。
 晴れるといいなぁ

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村