安心してください。生きてます(笑)

 前回の更新が11月3日でして、新月を通り越し満月期に。。。。 
 赤道儀は修理&オーバーホールでいまだ入院中で&仕事忙しいで
 撮影に出かけられない毎日です。

 そんなこんな日々ですが、アストロアーツ星ナビ創刊15周年とかで
 アストロアーツ製品が超お買い得という罠にはまり
 星ナビ年間購読の申し込みやら、ステライメージをついに買ってしまったりと
 日本経済に貢献してみたりしてます。

 やっと半日ほど休みが取れたので望遠鏡フードの工作してました。
 もっと違うことしたらえーのにね。

 そのフードですが、私の工作人生集大成ともいえるものになりました。(大げさな。。

 まずは完成品など
P1050737

P1050735

 ポイント① 
 レンズヒーター内臓!! パチパチパチ
 12V仕様7.5Wのレンズヒーターをフードの首のところに内臓してみました。
 これでフードを取り付けるだけでヒーター装備が楽になりました。
 またヒーターが外気に当たらないので熱効率がこれまでの100%UP(当社比 たぶん

 ポイント②
 FTフードに標準装備の乾燥空気システムですけど、私のシステムは一味違うですよ。
 見てのとおり空気の取り込み口がでかい内径4mm外径6mmもあります。
 そしてこれまで5V仕様にこだわっていたレンズヒーターを12V仕様にしたのもこのためです。
 フード内の乾燥空気のチューブにレンズヒーターを入れておりましてフード内で
 空気を暖めて2方向から噴出すようにしました。

 ということで、熱風乾燥空気システム+レンズヒーター付きフードなのです。

 内部が見たいって??しょーがないなぁ(言ってねーわてか

 アルミをはがすと、ダンボール紙で全体をくるんでます。
P1050733

 ダンボール紙をはがすと、フード内の配線をマスキングテープで固定してます。
 (最後は間テープは剥がしました)
P1050718

 配管と配線はこんな感じです。 
P1050729

 白い線がニクロム線です。
 ショート防止と発火防止するためにニクロム線はガラスチューブに入れて見ました。 
P1050725

 このニップルとチーズはモノタロウで購入したのですが
 購入後にどっさりとモノタロウカタログが届きました(笑)

 フードの元です。これは前回紹介したものになります。
P1050716

 乾燥空気は1Lの容器にシリカゲルを入れてエアポンプで送り出します。
P1050742

 
P1050743

 このポンプ毎分8Lのエアーを送り出してくれます。
 早く試したいのに赤道儀も時間も。。。。

 気になる費用ですが見てのとおりダンボールはスーパーに行ってもらってきたのでタダなのですが、
 小物の購入や加工するための道具代で結構な額に。。。

 今回の反省点
 ヒーターを7.5Wにしたのですがこう少し熱量がほしいところかな
 あとは結構いい感じにできたの自己満足です。
にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村