最近よくHαのL画像をよく見るのですが
 高価なフィルタはなかなか手出しできないので
 R64使って同じ効果を得るという作戦を試してみました。

 サドル付近
R64-2A

 Higlasi-2B 100mm F3.5 300秒*10枚 SI7とPSCCでごにょごにょ、自宅前
 R64はもう売ってないのでSC64フィルタ使用 

 うーーん、もう少しはっきり撮影できるかと思ったのですがちょっと微妙です。
 露光時間が短いのかなぁ??それとも下手なだけ?
 また、晴れればチャレンジしてみようと思います。

 それとノイズ処理は手抜きではだめというのがやっとわかりました。
 適当に過去のダーク画像でダーク引きしただけなので除去できなかったノイズは
 コンポジットでスジになって残ってしまいました。
 以前もコンポジットするとスジスジがという記事を書いたことがありますが
 このスジスジノイズだったんですね。。いまさら気付くなんて(汗

 元画像はこちら
IMG_8205A

 もう一つ実験をしておりまして
 以前紹介した「ナンチャッテ正立極望」の極軸精度についてです。

 いつもは極軸あわせをした後にDPPAで確認と補正をして撮影していたわけですが
 今回は極望のみで極軸を合わせて撮影を行いました。

 この状態で100mm300秒で流れてないので極軸あわせの精度は十分満足できます。
 また設置時間ですが、三脚の設置から極軸あわせ完了までに30分くらいはかかっていましたが
 約5分ほどで設置できるようになりました。

 これこそが追い求めていたポタ赤での撮影だなぁと思った瞬間でした。
 これでポタ赤での撮影システムは私にとっては完成かな。
 あ、強くアピールしますが、そもそもHiglasiの性能がいいってことは間違いない!

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村