ふみふみさんからご質問があったので
 Coold60Dの冷却能力(ノイズ)量について書いてみたいと思います。

 たんにダークライブラリの公開ですね(笑)
 ノイズをわかりやすくするために写真の中央部をトリミングして公開します。

 まずは非冷却時
 ISO3200 300秒
ダークISO3200-300

 ISO3200 600秒
ダークISO3200-600

 300秒に比べ600秒では恐ろしくノイズが増えますね。。

 では、冷却時(この撮影は日中におこなったのでCMOS温度は6℃)

 ISO3200 300秒
ダークC-ISO3200-300

 ISO3200 600秒
ダークC-ISO3200-600

 ということで、冷却するとノイズがとんでもなくなくなるというのは明らかですね。
 そして長時間露光してもあまりノイズが増えないという驚愕の事実が~~~~

 最近、ダーク引きする必要があるのかと思うこのでした。。。

 ついでにX4だと

 ISO3200では撮影しないのでISO1600ですがこのようになります。

 ISO1600 300秒
ダークISO1600-300

 ISO1600 600秒
ダークISO1600-600

 という感じです。
 1つわからないのが、Coold60Dの非冷却時のノイズは背景が黒ですが、
 X4の背景はどちらかというと赤っぽいです。
 これは改造による方式の違いなのか、CMOSの性能なのか。。。
 画像エンジンは60D・X4も同じDIGIC4なのでエンジン性能ではなさそう?
 どうなんでしょう。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村