この写真をコンポジットして画像限界までレベルを上げたとき
 いつもと違う網状星雲がそこにありました。
 自分でいうのもアレなんですが、ここまでの画像情報が乗っかっていることに驚きでした。
 この情報をロスすることなく表現してみよー
 それが始まりです。
 この記事は気力が続く限り(あきるまで)画像編集を続けたのを更新していきたいと思います。
 画像でご指摘、改善方法などあればぜひお願いします。
 もちろん、「いいね!」をもらえると励みになります(笑)

 --Update5 2017/6/11 07:30--

 Update5の画像をさらに調整してみました。
NGC6960-C5-1S-2P-1P

 右側の緑のムラが取れないなぁ。。
 このエリアは撮影時から輝度が少なかったのでそれを無理やり処理したのが敗因ですね。
 初版公開から比較するとだいぶ変わったかな。
 まだ迷走中ではありますが、今回はこれで一度〆ます。
 もう片割れが未処理なのですが、同じ雰囲気になってくれるか心配だなぁ


 --Update5 2017/6/5 23:28--

 ダーク・フラット補正をRStackerで行い、コンポジット、デジゲンがSI7
 以降をPSCCでの処理という手順に変更してみました。

NGC6960-C5-1S-1P-2S

 網状の青の部分が脱色。。。
 まだまだだなぁ。。。

 --Update4 2017/6/5 00:28--

 RAW画像です。1枚目
RAW画像

 撮影データ ε-130D cooled 60D SEO-SP3 ISO3200 300秒 23:56- 1:46まで
 これを22枚コンポジットしてます。


 22枚目
RAW画像22枚目

 
 1枚目をWBの調整でレベルを合わせたときの画像
WBだけ調整



 --Update3 2017/6/3 21:27--

 最初からやり直してみました。
 ベイヤーからRGBへの変換でこれまでWBは自動にしていたのですが
 これを「撮影時」としてみましたが結果は同じ。。。

色

 SI7のレベル調整画面です。
 RGBの山はすべて合わせましたが、やはり緑が強くエメラルドグリーンにしかなりません。
 さてどうしたもんかねー

 --Update2 2017/6/3 10:06--
 コンポジットまでは前回と同じ画像です。
 その後の処理でSIのオートストレッチとlab色彩調整でRBを強めにして処理してみました。 
 
NGC6960-C3-2S-1P-1P-3S-2P-2

 RGBレベルあわせをしてみたのですが、どうも緑が強くなってしまいます。
 SIでベイヤーからRGB変換するときのWB設定がよろしくないのかもしれない。

 --2017/6/3 00:03-- 

 これどう?
 
NGC6960-C3-1S-1P-1P

 何がしたいのでしょう。。。
 きっとだめだめなような気がする。

 じゃーこれは?
NGC6960-C3-1S-1P


 色薄いか。。。
 何がいいのか、わけわからん。
 迷走モード中

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村