M31 アンドロメダ大銀河 アンドロメダ座 230万光年
M31-A-1S-1P-5P

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2017/11/19 0:40~ 2017/11/21  22:13~
 ε130D   HEUIB-ⅡCANON EOS Coold60D SEO-SP3 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 19日 ISO1600 15sec 40枚 30sec 40枚 180sec 20枚
 21日 ISO1600 15sec 40枚 30sec 32枚 180sec 20枚 300sec 6枚

 M31は長時間撮影すると中央部が飽和してしまうので
 多段露光で撮影しHDR合成(ステライメージでは加算)処理しました。

 いろいろ処理をしてみたのですが、もう一枚の候補
M31-A-3S-1P-3P-T



 2晩掛けて撮影した理由ですが、19日撮影時にピントがわずかに合ってなかったので
 21日に再チャレンジしたわけなのですが、21日にもピントがわずかに合っていないので
 さすがに再チャレンジするのもだるいので、全部で処理したという情けない話です。

 ピントが合ってない理由ですが、考えられることとして
 ①設置してすぐにピント合わせを行ったので、鏡筒が外気順応することで撮影中にずれた。
 ②ただ、ピントあわせが下手なだけ
 
 前回のM31とくらべてみましたが、星自体は今回のほうがいい感じですが
 バルジや暗黒帯などは前回のほうがいいですね。
 機材は今回の方が格段に性能アップですから
 そう考えるとED80sfでよくがんばった!と去年の自分を褒めてあげたい(笑) 
 

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村