電源BOXその後の記事の続きです。やっとこさ電源BOX Ver.2完成しました。
P_20190310_175552_vHDR_Auto


 ◆初号機から変わった点
  ①DCDCコンバーター(昇圧)増設
   これで12Vから20Vへ昇圧しノートパソコンの電源供給ができるようになりました。
   過電流対策としてヒューズも入れましたよ。
   今使っているThinkpadのDCプラグは7.9/5.5と特殊形状なのですが
   amazonに変換プラグが売ってましたので、これが増設の決め手ですね。
トリミング

  ②各電源に個別スイッチを付けました。
   いままでメイン電源しかなかったので、機材の交換等をするときには
   全部の電源を切るしかなかったのですが、それだとめんどくさいし、
   かといって電気流れっぱなしでプラグの抜き差しをすると、ショートや逆流等で
   機材が壊れてしまいますので、個別にON/OFFできるようにしました。
P_20190310_143851_vHDR_Auto

  ③ケースが大きくなりました。
   DCDCコンバーターも収納しないといけないので、これまでのバックルコンテナ6.6では
   狭すぎなので、ワンサイズ大きいバックルコンテナ13へ変更しました。

P_20190310_143657_vHDR_Auto

 ◆電源BOXを作っている理由ですが3つあります。
  ①ACアダプターが多すぎ
   赤道儀、フォーカサー、冷却カメラ、電動フィルターホイール、ノートパソコンと
   撮影するのに5つもACアダプターを使わないとダメなので、置き場所に困ります。
   そんなわけで電源を集約したかった。

  ②ACアダプターのケーブルが短い。
   カメラなどは鏡筒とグルグル移動しますすが、ACアダプターのケーブルって短いので
   下手するとアダプターまで一緒にグルグル移動して、そして絡まって気が付くと
   電源抜けてました!とか、鏡筒がブレて星が流れてました!とか起きたり、
   この対策で延長ケーブルで延長している方もいらっしゃると思いますが、
   この延長ケーブルで私は大失敗しちゃったので。。。

  ③やわらかケーブルを知ってしまうと。
   電源ケーブルやUSBケーブル硬すぎです。特に片付けるとにイラってします。
   ②用の延長ケーブル問題の対策で、自分で延長ケーブルを作ったのですが、
   その時にやわらかケーブルにしたところ、とっても快適でして、
   ならば全やわらかケーブルに置き換えてやれ!ってことで

 ◆今後の機能強化
  ①12V入力対応
   八塔寺望ヶ丘は100Vが利用(会員限定有料)できるのでこれでいいのですが、
   100V電源が利用出来ない遠征地の場合は、ディープサイクルバッテリー等を
   使用するしかないので、ディープサイクルバッテリーからの電力供給ができるように
   改造したいです。

  ②USB電源出力端子の設置
   電源BOX内部は12Vと5VなのでUSB端子を付ければいいだけですが
   用途もないのでそのうち
   
  ③EOSカメラ用9V電源出力の設置
   EOSカメラは9Vなので12Vからの降圧かで対応しようかと

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村