気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

機材その他

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

鏡筒フード製作


 鏡筒フード製作といっても、自分のではありません。
 イプのフードを自慢したら、作ってほしい って方がいらっしゃいまして
 がんばって作ってみました。

P1000100

 右がイプ用、左が今回作成したGINJI30cmのフードです。 
 でっかいです。外径44cm、内径36.5でも体重計で量ったら700gでした。

P1000101
 
 外径44cm、内径36.5
P1000105

 遮光環もはいってるよ。

 製作期間やはり1ヶ月はかかるなぁ。。
 それと30cmを超えるとサークルカッターが特別なものが必要なので
 おいそれと作るのはムリっぽ

 材料費など5000円程度、特に黒の塗料が高い!!

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 

撮影の友


 週末になると天気が悪いという、なんとも悲しいですが
 きっと今日は夕方から晴れると信じてます。

 そして撮影に向けて準備中ですが
 今日はこんなもの「Astro Photography Tool(通称:APT)」の
 テストでもしてみようと思ってます。
 なにやら多機能なのですが、まずはカメラコントロールだけ

 このツール昔から存在はしっていたのですが
 英語なので敬遠してたんですけど、DSSで英語恐怖症も少し慣れてきたので
 試して観ようと思いました。

 まずはダウンロード
 このページでhttp://ideiki.com/astro/Default.aspxを開き
 ダウンロードページから、ソフトと日本語ツールチップをダウンロードします。
Astro Photography 0

 本体をインストールした後に日本語ツールチップを
 「C:\Program Files (x86)\Astro Photography Tool - APT」ここのフォルダにコピー

 これで準備は完了
 起動するとこんな画面になります。
Astro Photography 1

 英語なのですが、操作はこんだけ
Astro Photography 1-1

 ミラーアップがいいですね。この画面では0秒なしにしていますが、ここを3秒とかにすると
 まずは3秒間ミラーアップしてその後に露光開始になります。

 撮影プランは「EDIT」で編集します。
Astro Photography 2

 撮影プランも1つで複数設定できるので
 この例では、①まずは0秒撮影にして20秒待機、②ISO3200 露光300秒 インターバル7秒で
 21枚の撮影という設定です。

 この設定が終われば、カメラを「Connet」で接続して、「Start」でプランで撮影開始です。
 途中でやめたい場合は「STOP]で中断します。

 撮影したものは、中央に表示されるので即確認ができます。

 他には「LiveView」でライブビュー表示、「Zoom+」で拡大表示しますし、
 カメラモニターではx5、x10だけですが、このツールではそれ以上大きくなりそうな感じ

 「Shoot]ボタンでプランなし手動撮影もできるので
 この操作だけでレリーズが不要になる予感です。

 なぜこのツールを使おうかと思ったかというと

 「 This version has almost all features of the full one and there are no time restrictions. In fact this "demo" is one of the most loaded astro applications available for free.」


 「このバージョンは完全な機能のほとんどすべてを備えており、時間制限はありません。実際、この「デモ」は無料で利用可能な最も負荷の高いアストロアプリケーションの1つです。」(Google翻訳)

 ということで、いつまでも無料で使えるみたいです。
 いい感じであれば有償でも18.70EUR.約3000円なのでとってもお買い得のような気がします。
 また、支払いは「星見屋」さんで取り扱ってます。

 利用できる機種がCANONは使えましたけど、他のカメラが使えるかは不明ですが
 どうでしょうか。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 



  

ドスン、ガッシャーン


  ドスン?
 ガッシャーン。。。

 え?

 8月10日21時30分頃に時はさかのぼります。
 この時間はもちろん富士山出発にむけた準備をしているときのことです。

 荷物の重量を減らすためいつもと違う組み合わせを試すため
 庭先で機材のセッティングチェックをしてました。

 よし!これでばっちり、あとは詰め込めばOK

 家へ戻ろうとしたとき
 手にかかる重力が軽くなった。。。。そのとき

  ドスン?
 ガッシャーン。。。

 え?

 三脚から落下、下はコンクリート

 その瞬間目に飛び込んできたものは

 無残な姿になったHiglasiでした。
P1060079

 
P1060078

 フロントパネル損傷、側面損傷、雲台ステージ損傷
 打ち所が悪く被害は甚大

 電源を入れて動かしてみたところ
 動くのは動きますが、いつおとは違う異音が
 そして回転させたところ運大ステージが歪んでるので波打った回転に。。。

 やっちまたよー、これじゃー富士山には持っていっても使えねい。
 予備ポタ席はないので、結局固定撮影にすることであきらめたのでした。

 なので富士山の星空写真ってあまりないんですよ。
 その日のうちに如意工房さんに連絡と修理発送を行い、富士山へ旅立ったのでした。

 故障箇所は、側だけで、フレームの変形は無いとのこと
 側の交換とギアの調整をしていただけるとのことでした。 

 本日、修理されたHiglasiが戻ってきました。
 如意工房さん仕事早いです。ありがとーーーー
P1060083

 交換したパーツ
P1060081

 よかったよかった。

 まだ、使ってないのでどの程度、光軸がどの程度かわったかはわかりませんので
 来週にでもDPPAと極望で試してみようと思います。

 痛い出費でした><

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 
 

ヒーター工作 ver2


 前回書きましたけどヒーターの温度が高すぎて
 消費電力がすごいので低電力版を作成しました。

P1050620

 見た目同じですけど、暖かさが人肌程度となりました。
 前回は温められた缶コーヒーくらいの温かさ。

 仕様を備忘録として書いておきます。

 ニクロム線 0.2mm 34.4Ω/m
 長さ 1本あたり 45cm 抵抗 15Ω
 2本並列仕様 合成抵抗 R0 = 15*15/15+15 =  7.5Ω
 熱量 W=5*5/7.5= 3.3W
 電流 A=5/7.5= 0.6A=600mA

 きっとこれなら一晩は持つはず バッテリー充電できたらまた試験だ!

 山口のじぃさまからコメントいただいたので書いておきます。

 長さ1mのレンズヒーター、モバイルバッテリー仕様
 
  ①ニクロム線は2mの長さになります。
   なぜかというと両端に電極付けるわけにはいかないので
   「⊃]な感じにするですよ。だからヒーター長の倍の長さが必要になります。

  ②モバイルバッテリー仕様で考えると抵抗値は10Ωを基準にするので
    2mのニクロム線だと0.5mm径が5.5Ω/mなのでちょうどいいと思います。

 長さ50Cmのレンズヒーター、モバイルバッテリー仕様
 
  ①ニクロム線は1m

  ②抵抗値は10Ωを基準
    1mのニクロム線にしようとすると0.32mm径が13.4Ω/m、0.4mm径が8.59Ω/mなので
    どっちか好きなほうですね。わたしは0.4mmにするかな。

 12V仕様は作ったことないからわかりません!
 モバイル仕様をそのまま12Vで使うと恐ろしいほど熱くなるような気がする。。。

 それと最近のモバイルバッテリーは2A出力できるし10Ωにこだわらなくてもいいかなと思ってます。
 特に寒冷地だとレンズが凍るほど寒い場合に人肌では熱量が足りないような気がします。
 いずれにしても冬場はヒーターの上にタオルとか断熱材を巻いたほうがいいと思います。

 USBの口は100均でUSBなんちゃら買ってぶちって切るといいですよ。
 あとニクロム線は半田はつかないので接続子を圧着ペンチでぎゅーです。

 接続部分の絶縁は熱収縮チューブが便利です。

 部品はこんな感じ
P1050621

 作り方はまるこうさん 参照してくださいね。

 何回か試して自分好みをつくるですよ。
 結局買ったほうが安かったりして(笑) 


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村  
   
    
   
    
 

  


 


 
 

ヒーター工作


 結露とか霜対策が必要な時期になってきましたので
 久々にレンズヒーターを作ってみました。

 望遠鏡には主鏡、ファインダー、ガイド鏡の3つあるので
 これまでは3つ別々のヒーターを付けていたのですが電源確保がつらいので、
 ファインダー+ガイド鏡用二股ヒーターを作ってみました。

 某ヒーター屋さんが作成されていたので参考にさせていただきました。
 個人で楽しむだけなのでゆるしてちょんまげ

 装着したおころ
P1050616


P1050617


 現在13000mAのモバイルバッテリーで時間計測中です。
 予定では13時間と思ってますがどうなることやら

 某ヒーター屋さんに自作品を見てもらう機会があったのですが
 そのとき温度上がりすぎ!って言われたので今回は調整したつもりなのですが
 いま触ったら結構な発熱に。。。。

 0,4mmニクロム線(8.59Ω/m)の長さ45cmの並列仕様です。  
 USB仕様なのでニクロム線の抵抗は500mAだと10Ωにする必要があるので
 長さは116cm,となりますが 並列なので半分の約55cmだと思ってますが
 それをさらに適当なところで45cmにしたんですけどちょっとまずかったかなぁ

 それと使ってるモバイルバッテリー出力1Aだしだから発熱があがったのか?

 -追記-
 並列にした場合にの長さですけどネットで調べたらなんか違うような気がしてきた。。。

 -さらに追記-
 並列にした場合の抵抗はやっぱり違うみたいですね。
 長さは倍にしないとダメみたい。。なのでこの場合は232cmいるのか。。。
 なんかよくわからんようになってきた。
 勉強してきます!!

 -そしてまた追加-
 結果は4時間でした。
 並列の計算が間違っており抵抗値が減ったため消費電力が上がり
 この結果になったのではないかと思います。
 これは高温タイプとしておき、Ver2の開発でもしましょうかね。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 





 


 
 
 

フレア・ゴースト対策


 前回の十日市交差点ぐるぐるの撮影データと機材の紹介です。

 撮影データ
 EOS 5DMark2 SIGMA 15mmFISHEYE
 ISO200 15秒 F5.6 2015/6/3 21:45-23:00

 総撮影枚数268枚、バスなどで使えないものを取り除き 248枚TIFFで保存
 KikuchiMagickにてぐるぐる化、PhotoshopCCにてレベル調整など

 初回とカメラ、レンズは同じです。撮影場所についてもほぼ同じ
 違うことといえば、交番に撮影することを伝えに行ったのですが、
 笑顔の素敵な婦警さんがいなかったです。

 撮影風景
IMG_20150603_214727

 見てのとおりカメラの真上に強烈な明かりがあります。
 この光がフレア・ゴーストになっているのです。

 そこでこんなものを自作しました。

 上から見たところ
P1050519
 後ろから見たところ
P1050520
 下から見たところ
P1050524

 天文ショップダイソーのUSB LEDライトの頭を引っこ抜きクリップを付けました。
 これに黒の厚紙をはさみ、街灯の明かりがレンズに入り込まないように遮ります。

 カメラへの取り付けはアクセサリーシューに取り付けるネジ式のやつに
 USBの口を挟んで固定しています。2枚目参照

 撮影中の写真
IMG_20150603_214653

 こんな小さなもので効果あるの?と思われるでしょうが
 それがですね。けっこうな効果がありましたよ。

 使用なし
_MG_1468

 使用後
_MG_1200

 もう少し遮れれば完璧なのですが
 FISHEYEが画格180なので厚紙が映りこんでしまうのです。。。。

 星ナビ7月号に明るい場所でのぐるぐるについての記事が載ってましたが
 とっても参考になる内容でした。次は一部取り入れてみようかと思います。

 それでは、次回まで~~~

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 



 

そろそろ梅雨ですかね。


 この時期ブログ村住民のブログネタに機材が増えてくると
 梅雨シーズン突入したのかなぁと感じてきます。

 私もほんのちょっぴりですがポチしてみました。

 開封の儀
 
P1050427

 すでにラベルはがしたので面白くないですね^^;
 中から出てきたのは

 「箱!」
P1050428
 
 そして~、これをあけると~
P1050430

 コンセント3つ!
 おぉ~、テーブルタップですか!違うわ!
 プチプチを撮ると~
P1050431

 コンセント3つ、USB4つ、スイッチ1つ
 なんともマルチな機械でございまして、見つけてとてもうれしゅうございます。

 これ家庭用100Vのテーブルタップではなくて車のシガーソケット12Vから使うやつで
 通称インバーターってやつです。

 遠征のときにPCだとか、レンズヒーターとか使ってますが
 私はまだディープサイクルバッテリーとか、発電機とか大型の電源をもってないので
 これまでは充電してもので対応できてました、

 唯一、電源といえば赤道儀用のSG-1000だけで、
 ほかは、PCのバッテリー、モバイルバッテリー、乾電池といったところです。

 5月の遠征のときに撮影終わった直後、PCのバッテリー切れとなりまして
 電源足りないなと考えていたところです。

 こうなるとディープサイクルバッテリーとか購入になるのでしょうが
 いまはそこまで不足しているわけでもないので
 まずはPCの電源を車から確保しようということで購入に至ったわけです。

 でも、そのうちディープサイクルバッテリーか、うわさのSUGOI BATTERYは
 確保したいとは思ってます。

 気になっていたのはインバーターが正弦波ではないのでPCが使えるかでしたが
 問題なく動きました。
 さらにUSB4口なのでレンズヒーターを付けてみましたがすべて温まりました。
 なかなかいい感じです。
P1050437

 コンセント間が広いですし、アース口もあるし、なかなか親切設計と思います。
 冷却ファンがちょっとうるさいですけど、外で使うのであまり問題にはならないです。

 あ、肝心な話を
 楽天で買ったのですがいつのまにかポイントがたまっていたので
 そのポイントを利用させてもらいました。
 そしてポイントで購入したのにポイント付くし楽天ポイントってうれしいですね。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

BORGを使うには


 消費税UP前にBORGをポチッたところまではよかったのですが
 このBORG、月を2,3度撮影したのみでほとんど使ってないのです。

 なぜならば、長焦点の場合に対象に合わせようとしても
 なかなか思ったところにいかないのでもーいいやって感じになって・・・

 富士5合目の時もそんな感じで
 結局、100mmと広角撮影だけになったのでした。

 そんなことをボヤいていたら、隣で撮影されていた方が
 長焦点だと照準器(ファインダー)はいるでしょ~、みたいなことを言われ
 実際、使っているものを見せてもらったりといろいろと教えていただいていたのでした。

 それからずーと照準器を探していたのですが
 カメラのホットシューに取付けれるタイプで気に入ったのが無かったのですが
 そろそろ梅雨も明ける時期だしと思って買っちゃいました。
P1040957

 さっそく組み立ててみると
P1040947
 
 なんかかっこいいぞ!
 
 このあとドットがレンズの中心になるように位置合わせ
P1040949

 そして試しに近所のビルの航空灯を導入してみましたがばっちりでした。
 楽しみだなぁ

 早く梅雨明けないかなぁ
にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

機材?


 機材っつーか、じゃ~ん
_MG_6565-E
 
 5年くらい履いていた登山靴が防水とか、靴底もすれてなくなってきたので新しい登山靴買いました。
 今度の靴は、濡れた岩肌や木道でも驚異的なグリップ力を発揮という説明で決めました。  
 靴底に近い側面部分が出来るだけ布ではなくて皮を探していたのでそこも決め手です。

_MG_6564-E


 これで装備の準備はできたので、7月19日から3連休で2年ぶりに行こうと思っています。

 今日もいい天気なのでこれから近所の山にいってきます。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



 

早起きは三文の徳?


 今日はどうしたのか6時前に目が覚めた。

 出かけるのは8時なのでそれまでコーヒーを飲みながら
 みなさんのブログを読んで優雅な朝を楽しんでました。

 どうしてこのページに飛んだのかは覚えてないのですが
 ADOBEのCCページがそこに表示されていたのです。

980円その1

 AdobeCCPhotoshopCCとかが月額で手ごろに使えるというやつですね。
 でも、主要ソフト全部で月4,980円とか、PhotoshopCCだけでも2180円、年間で26,160円
 3年使えば 78,480円やっぱり高い・・・
 みなさんPSで処理されていてとてもうらやましいのですが手が出せないなぁといつも思ってました。

 学生プランでネットで安くなるとかもあり、今年の5月までならCS6がお手軽価格とか
 CCでも学生プランがあるみたいなのはありますがやっぱり1年間にすると高い。

 そんなことを思いながらふと目についたのが右上広告
 PS,LR今なら月額980円

 そこをクリックすると
980円その2

 Photoshop写真家向けプログラムというので
 Photoshop,Lightroomが月980円で誰でも使えるというものらしいです。
 いろいろ調べてみるとルールはCCと基本同じみたいです。

 1年で11,760円、3年で35,280円、5年で58,800円
 これ安いですよね?

 期間限定?5月31日まで、いまは6月11日ですけど、
 ポチッ・・・ 
 あれ?手続きできるじゃない!
 よし、パシパシパシパシ(入力している音)

 ポーン(メール到着の音)

 「手続き完了!
 PhotoshopCCをダウンロードしてご利用ください」

 CCのダウンロード画面
 インストールと書いてるのが全部使えるみたいです。

CC画面

 Photoshopインストールしました~
PS


 よーし、これから画像編集がんばるぞ~~~

 でもなぁ、この時期に流行る菌に感染してしまったようです(笑)
 この程度のポチッで終わればいいのですけどねぇ。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
八塔寺星を観る会イベント