気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

星雲

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

クワガタ、バブル、M52等


 8月撮影分、次は大塔遠征のときのものです。

 クワガタ星雲、バブル星雲、M52他
M52付近-C2-1S-2P-2P-1P-1P-1P★

  カシオペア座付近 散光星雲、散開星団
 撮影データ 奈良県五條市大塔 2018/8/18 00:21~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIBⅡ
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 300sec 7枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018

 撮影データには7枚と書きましたが、実際に撮影したのは15枚で、なんと8枚も除外です。
 なんか最近天頂付近?南中付近?になると星が流れ始めるのです^^;
 赤道儀の締め付けが悪いのかな??

 枚数が少なかったので画像が荒れてますが、ご容赦ください。


にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

sh2-112,115,116


 10月も後半になろうかというのに、まだ8月の画像処理中です。
 今回は、はくちょう座のデネブのご近所さんにあるsh2-112,115,116です。
 デネブのご近所さんの星雲と言ったら、あの有名な北アメリカ星雲とペリカン星雲ですが
 位置的にはその反対側になります。
sh2-112付近-C2-1S-1P-1P-1P

 はくちょう座 散光星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/8/14 20:19~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 300sec 17枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 明るい星がデネブです。
 位置はココです。

位置

 北アメリカ星雲はとっても明るい星雲ですが、こちらはけっこう淡いです。

 この後も8月の撮影が続きます。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   

北アメリカ星雲とその仲間たち


 みんな大好き北アメリカ星雲とペリカン星雲など仲間たちです。
北アメリカRGB-C1-1S-1P-1P-1P★

 はくちょう座 散光星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/22 2:30~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 14枚StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 久しぶりのメジャー天体です。メジャーな天体はみなさんどれも素晴らしく
 比べられるとダメだしばかりなので、あえて撮影しないという路線なのですが
 そうはいってもたまには撮影したりもします。
 それで、作例見ながら画像処理してますが、どうも王道路線にいかなくて
 道端にそれてしまうと。。。HNがこれですからね。

 今回も撮影からしてそれてまして、↑はノーマル画像で落ち着きましたけど
 それまではこんな感じで仕上げてました。
北アメリカRGB-C1+R63r+R63r-2-1S-2PT-1P-1P

 これはR63フィルタというフィルタを使用しまして疑似Hα撮影したものと
 最初の画像をRRGB合成したものです。

 R63フィルタは630nm以降を透過しますので赤外光となり撮影した画像は真赤になります。
 それをR.G.B分解し、R画像だけど最初の画像の合成しました。
 こうすることでRRGBは、星雲強度があがりなにもしなくとも赤が強くなるというやり方です。

 北アメリカ星雲のように星雲が明るいものは、Rが強すぎてなんじゃこれーって感じで
 失敗でしたけど、淡い星雲には期待できそうです。

 天体撮影はいくら経験を積んでも、満足できるものにはなかなかなりませんね。
 でも、先輩方のやり方を1つでも多く自分で試し、自分流を見つけていくのは楽しいですね。

 どんなことでもそうですが、教えてもらっただけではなかなか身につかなと思います。
 それを自分のスキルにするためにはやはり、失敗を恐れないで試す・工夫することが
 必要なのではないでしょうか?
 誰も教えてくれないなど文句言う前に自分でなにができるかやってみよーって強く言いたい。
 

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 

sh2-140,145,150


  ケフェウス座のsh2-140,145,150です。
sh2-140-C2-4S-2P-2P★

 ケフェウス座座 散光星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/16 2:35~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIBⅡ
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 180sec 10枚StellaImage7,PhotoshopCC2018

 難しいです。ネットに公開されてるやつだともっと、
 キラキラ、もやもや、ぼーん、ドッカンってとてもかっこいい。
 そういう写真をお手本に比べながら処理したつもりでしたが似ていないです(^_^;)

 公開前にはいろいろな方に見てもらったりしてますが
 あ~~れ~~、みたいな、そんなこんなの天体写真です(笑)
 やはりもっともっと基礎をしっかりとですね。

 2018-09-22 こっそり再編集分を追加
sh2-140-C2-4S-2P-3P

 にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 
 
 
 

サドル付近 クレセントを添えて


  はくちょう座のサドル付近を撮影しました。
NGC6888クレセント-C1-8S-4P-1P★

 はくちょう座 散光星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/16 1:28~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIBⅡ
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 300sec 10枚StellaImage7,PhotoshopCC2018

 はくちょう座サドルを囲むように大きな星雲が広がってます。
 その端っこあたりに三日月星雲(Crescent Nebula)NGC6888というのがあります。
 私としては三日月というよりは、栗?エイ?脳?みたいに見えますがいかがでしょう。

 しかし、今回は大変でした。
 撮影は7月中旬ですが、8月10日から処理を始めたのですが、
 なかなかイメージ通りにならなくて20回くらいはやり直したと思います。 

 なにをイメージしていたかといいますと、サドルの右から右下に暗黒帯があり、
 その上に淡い分子雲のようなものがあるのでそれを表現してみようかと
 イメージ的には生海苔が水に浮いてるような感じって言えば通じますか。。

 まだまだ見直したいところはあるのですが、そろそろ終わりにして次を処理しなければ(^_^;)

 
 ここから宣伝です。

 <その1>
 八塔寺星を観る会オリジナル卓上カレンダー2019が完成しました。
2019_ALL_S

 2018年12月から2020年1月までの14か月分です。
 お!いいじゃん それ1つ欲しいと思われたあなた!
 頒布のご案内はこちらです。→ポチ← ※八塔寺星を観る会のHPへリンクしています。

 <その2>
 大阪あすとろぐらふぃ~迷人会のオリジナル卓上カレンダー2019が完成しました。
carenndar2019b

 2018年12月から2020年1月までの14か月分です。
 お!いいじゃん それ1つ欲しいと思われたあなた!
 頒布のご案内はこちらです。→ポチ← ※おりおんさんのブログへリンクしています。

 どちらも各会のメンバーの方の力作です。
 よろしくお願いします。


にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

  
 

sh2-86,87,88,89


 こぎつね座にあるsh2-86と、その付近の星雲・星団などです。
sh2-86-C1-2S-1P-1P-1P★

 こぎつね座 散光星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/15 23:02~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 180sec 11枚 ISO6400 60sec 2枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018

 こぎつね座は、そもそもどこかといいますと、はくちょう座の首付近にある星座です。

sh2-86位置

 近くには、みんな大好きM27(亜鈴星雲)あり、撮影エリアとしては人気の場所が、
 あえてそこを外し、撮影してみました。

 天の川の中にあるので、星雲の赤よりも天の川の星が沢山なので
 画像処理も星雲処理というよりは、天の川と恒星を活かしたものにしてみました。
sh2-86-C1-2S-1P-1P-1P★位置

 sh2-86の詳細について、ブログ公開にあたり、どれが星雲でどれが星団か調べてみました。
 あまり自信がありませんが、
 赤い星雲自体がsh2-86で、その中にニョキって黒く伸びてるのがNGC68320で、
 星が集まってるのがNGC6823かな。。。。。

 間違ってる場合はご指摘ください^^;

 最近、赤い星雲よりは天の川と星雲、そして暗黒帯みたいな、そんな構図がお気に入りです。
 


にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  

sh2-129 フライングバット星雲


 ケフェウス座 sh2-129 通称 フライングバット星雲
sh2-129-C3-1S-2P-1P-1P-1P★

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/15 2:42~
 
ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4

 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 240sec 12枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018

 この天体は別名フライングバット星雲とよばれてます。
 空飛ぶコウモリ。赤い星雲部分を示すようです。

 そして、この星雲の中にダイオウイカが泳いでるらしい!
 いろいろな方がデジカメでチャレンジされてますが、相当頑張っても難しいようです。
 これを出せれるのはナローバンドOⅢの方々だけなのか。。

 そして無謀にもチャレンジしてみましたが、ノイズで背景は荒れてしまい、
 肝心のダイオウイカの姿を見つけることはできませんでした。

 なので南中が早くなる10月くらいにもう一度チャレンジしてみます!!  


にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

青い馬星雲


 さそり座の頭のところにあるIC4592です。
 「青い馬星雲」 って呼ばれてます。
青い馬星雲-C2-1S-1P-1P-2P-3P-1PX2
 さそり座 星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/3/17 2:50~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-ⅡEM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 21枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 ※北を上とするならば、この写真は上下がさかさまになります。

 青一色の星雲なので色の落としどころが難しかったです。
 周りには分子雲もあるようですが、これ以上処理するとヘンテコになりそうだったので
 今回はここでSTOP!

 今回縦構図で撮影しましたが、首のあたりには分子雲がうじゃうじゃなので
 横構図のほうが面白いと思います。

 しかし、ピント合わない病どうにかしないと。。。
 拡大すればわかりますが星が二重になってます。

 次回の作品はHEUIBフィルタを外したので、これで問題なければフィルタが原因かと


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

トオルとかめも


 おりおんさんにトールの兜の赤いのはかもめ星雲の一部じゃない?というコメントを
 いただいたので、去年の3月に撮影したものとつなげてみました。
カモメ星雲とトールの兜

 なるほど、こういう位置関係なのですね。
 もう少しトールの撮影を上げてたら全景がうつってたようですね。
 
 そっか!
 トールの兜はかめめ星雲の○○○か。。

 おりおんさん、アドバイスありがとうございました~~

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

トールの兜星雲


 NGC2359おおいぬ座に属するトールの兜星雲です。
 別名はあひる星雲とも呼ばれているそうです。
トールの兜-C1-1S-2P-1P★

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/1/21 1:07~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-ⅡEM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 240sec 19枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 知り合いが撮影されていたので撮影してみましたが、イプシロンでは無理がありました^^;
 やはりこの対象は長焦点がいいですね。

 でも、いいところもあり、広範囲の撮影できたので、上部の赤い星雲らしきものがあります。
 また、その周りには暗黒帯があるのもわかりますね。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


  
八塔寺星を観る会イベント
GPV天気(岡山)
にほんブログ村 天体写真はこちら