天文ガイド5月号に2月に撮影したトールの兜を掲載していただきました。
P_20190405_225814_vHDR_Auto

 昨年10月末に新しい仲間となったQHY163Mを使用したナローバンド撮影です。
 QHYCMOS冷却の特徴なのか片側にアンプノイズが多く
 なかなかうまいこと撮影ができず、ショップの方にもいろいろ相談していたのですが
 ただ回答を待ってるだけではなにも解決しないので、海外サイトの情報などを調べ
 GAIN,OFFSETを調整しながら撮影したやつなので、それが掲載されるのはとっても嬉しいです。

 画像はコチラ
トールの兜Ha-C2-1S-rgb-2P-1P-1P

 フルサイズだとちっこいのですが、4/3インチセンサーなので結構大きく写ります。
 QHYの購入の時にセンサーサイズが小さかったので、広範囲で天体を撮影したい私には
 ちょっと合わないかなと思っていたのですが、いざ使ってみるとこれまでちっこい天体が
 このサイズで撮影できるのはいいなと思いました。(食わず嫌いと同じですね^^;

 これからだんだんあったかくなりますが、これから冷却の本領発揮できたらなって
 これからが楽しみです。

 文末になりましたが
  今回の入賞も多くの方々にアドバイスがあったからこそです。
  ありがとうございました。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村