気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

星の写真

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
個人で楽しむ場合は連絡不要ですが、それ以外の用途の場合はコメント欄にて連絡をお願いします。
(注意事項)著作権を放棄したわけではありません。

sh2-69,66,67,65


  わし座、こと座、へび座の境界にあるシャープレスカタログを狙ってみました。
sh2-65 66 67-C1-2S-1P-1P-1P-2P-1P

 わし座 天の川の中と散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2019/4/7  3:12~
 TAKAHASHI Epsilon-130D
 CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 27枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、ダーク、加算平均σクリッピング

 天の川の中にあるシャープレスカタログなので、430mmでは「小っさー」
 でも、暗黒帯もありますし、天の川の上には錆びたような分子雲?がかぶってるような
 カラフルではないですが、いろんなものが混じってるので処理は難しかったデス。
 そもそも、こんなのでいいのかさえも「わからん!」

 このブログ書いてるときに昨年の記事をみてたら、なんとこのエリアの下側を
 昨年7月に撮影してましたので、ついでに合体してみました。
M11付近と合体a

 モザイクすると1年前の処理と、今回の処理の違いがよくわかりますね。
 ・輝度に違いが出せれるようになった。
 ・同じような色にも変化が付けれるようになった。
 ・輝星の大きさの違いができるようになった。
 少しは進歩したってことでいいかなぁ。
 But,天の川の粒々は去年のほうがいいかな。。

 また、左上とか上部が気になりだしました。これは増築しなければ(笑)

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

天ガ5月号 掲載していただきました。


 天文ガイド5月号に2月に撮影したトールの兜を掲載していただきました。
P_20190405_225814_vHDR_Auto

 昨年10月末に新しい仲間となったQHY163Mを使用したナローバンド撮影です。
 QHYCMOS冷却の特徴なのか片側にアンプノイズが多く
 なかなかうまいこと撮影ができず、ショップの方にもいろいろ相談していたのですが
 ただ回答を待ってるだけではなにも解決しないので、海外サイトの情報などを調べ
 GAIN,OFFSETを調整しながら撮影したやつなので、それが掲載されるのはとっても嬉しいです。

 画像はコチラ
トールの兜Ha-C2-1S-rgb-2P-1P-1P

 フルサイズだとちっこいのですが、4/3インチセンサーなので結構大きく写ります。
 QHYの購入の時にセンサーサイズが小さかったので、広範囲で天体を撮影したい私には
 ちょっと合わないかなと思っていたのですが、いざ使ってみるとこれまでちっこい天体が
 このサイズで撮影できるのはいいなと思いました。(食わず嫌いと同じですね^^;

 これからだんだんあったかくなりますが、これから冷却の本領発揮できたらなって
 これからが楽しみです。

 文末になりましたが
  今回の入賞も多くの方々にアドバイスがあったからこそです。
  ありがとうございました。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 



 

カモメになりたいカモメ星雲


 ピノキオは「勇気を持って正直で優しい性格になり」人間になれたそうです。
 さて、カモメ星雲はカモメになれるのでしょうか?
 それとも、ギャオスいや邪神になってしまうのでしょうか。

 カモメ星雲(IC2177)
カモメ星雲-C1-2S-2P-1P-2P-1P-1P

 いっかくじゅう座 散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2019/1/1  1:41~
 TAKAHASHI Epsilon-130D
 CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 180sec 38枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、ダーク、加算平均σクリッピング

 2018年~2019年の年越し撮影で、2019年の初撮りでした。
 2月から処理を初めてやっとこさ完成。もう2日もすれば4月ですよ!!

 なんでこんなに時間がかかったかというと、
 38枚の撮影でしたので、しっかりした画像だったので、いろいろやりすぎまして
 処理して熟成、また、処理して熟成。。。続くのでした。
 
 こういうときは、思いっきり別のことして、疲れたところで処理すれば
 やりすぎないだろうなんて思って、久しぶりに本業をがんばったんですけど
 そしたら今度は疲れてやるきにならないという。。。まぁ、年を感じますね。

 2019/3/31 追加
 こたろうさんからのアドバイス対応デス。
カモメ星雲-C1-2S-2P-1P-2P-1P-1P
 くちばし前の黄色の星の周辺部改善と足元付近の黄色の星色の改善
 その他マゼンタっぽい星のいくつかを改善
 やはり詰めがまだ甘い。。ドラレーダー通りですね(笑)

 さて、カモメさんは飛び立っていきましたので、
 明日からアレがんばることにしましょう。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 
 
  



 

バラバラ(-_-;)


 失敗は成功のもと

 土曜日に八塔寺に行きまして、
 月が沈むまではナローでバラ狙うぞーって意気込んでいたのですが
 八塔寺には西側に 1本の桐の木がありまして、これが撮影ポジションと対象によっては
 ちょうどそこに沈んでいくのでした。
 それはわかっていたので回避ポジションにしようかと思ったのですが
 そこは皆さんが撮影するところから10mほどはなれるので
 ちょっと寂しいなってことでいつもの位置に。。

 ハイ、ダメでした。
 Haがちょうど10枚撮影したところで木に掛かり終了デス。

 バラ星雲
八塔寺ロースHa-1S

 いっかくじゅう座 散光星雲
 撮影データ 八塔寺望ヶ丘 2019/3/16  21:39~
 TAKAHASHI Epsilon-130D 
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding 
 StarlightXpress SXVR-H694 -19℃
 Astrodon Hα 5nm 300sec × 10枚 
 Astro PhotoGraphy Tool
 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 ダーク、フラット、バイアス、加算コンポジット

 というわけでまたしても白黒写真だけです。
 そして前回の岡山ローズと比べるとコンポジットしてるので粗さはないですが
 ピントが合ってません。星の形がいびつデス。
八塔寺ロースHa-1S-1


  ・ピントがダメなのか
  ・極軸があってないだけなのか
  ・光軸がズレてるのか
  ・カメラのスクエアリングが合ってないのか
  ・機器になにか問題があるのか
  ・単に撮影の腕がないだけか 

 ほかにもいろいろと考えられることがあると思いますが当面は調整が続くのでした。
 でも、それを1つ1つつぶしていくのがまた楽しい。
 スキルアップにもなりますしね。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 

馬頭星雲とバラ星雲


 1月は往ぬ、2月は逃げる、3月は去るとは、うまいこといいますねー
 気が付けばもう3月中旬で、春の銀河祭りスタートって感じでしょうか。

 そして私の手元には新しい仲間が増えました!
 何撮影しようかなやんだのですが、Haで撮影したかったので赤いやつにしました。

 馬頭星雲
馬頭星雲Ha-A1-2S-1P

 オリオン座付近 散光星雲
 撮影データ 岡山県岡山市内自宅 2019/3/13  20:58~
 TAKAHASHI Epsilon-130D 
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding 
 StarlightXpress SXVR-H694 -19℃
 Astrodon Hα 5nm 300sec × 10枚 
 Astro PhotoGraphy Tool
 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、バイアス、加算コンポジット

 RGBも撮影できればよかったんですけどね、RGまで撮影したところで
 お隣さんの屋根に隠れてしまったのでHaのコンポジットしたものだけになります。
 岡山市内でも田舎なので外で本が読めるとまではいきませんが
 街灯もあるのでそこそこ明るいです。
 また、月齢5.8ですが月明りもありましたが、5分露光でここまで写せるとは
 Haってすごいですね。

 昨年冷却CMOSを手に入れましたが、諸々ありやはり冷却CCDかなってことで
 ずーと探しておりまして、縁あってこの子が私の手元に届いたのが2月末
 それから接続パーツ等をお取り寄せと電源BOXの改造等でやっとこさ準備ができた次第です。

 初撮影の感想ですが、ノイズが少ないってことと、16bitの画像データというのがすごいなと、
 八塔寺でご一緒されてる方で冷却CCDで撮影されている画像がいつも白トビのようになって
 ても大丈夫だからと言ってたのはこういうことか!というのがよくわかりました。

 いい相棒になってもらえそうです。(毎回行ってるような気もする

 バラ星雲
岡山ローズ

 いっかくじゅう座 散光星雲
 撮影データ 岡山県岡山市内自宅 2019/3/13  22:25~
 TAKAHASHI Epsilon-130D 
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding 
 StarlightXpress SXVR-H694 -19℃
 Astrodon Hα 5nm 300sec × 1枚 
 Astro PhotoGraphy Tool
 StellaImage7

 1枚でこれです!素晴らしいですね。

 ## 追記 ## こたろうさんにコメントいただき少し背景を締めてみました。
岡山ローズ


 QHYのほうにナローフィルタがあるので、それを使えば月があっても撮影できるので、
 これからは少し撮影回数が増えるといいな

 というわけで、ファーストライトは無事完了です。

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 

sh2-278周辺


 もう春はそこまで来てる。。

 sh2-278です。場所はオリオン座の魔女の横河の北側
リゲルの東側-C1-2S-1P-1P-2P-1P-1P★

 オリオン座付近 散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/10/14  2:45~
 TAKAHASHI Epsilon-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 240sec 11枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、ダーク、加算平均σクリッピング

 このあたりを撮影される方はsh2-278がメインでどーんって感じですが
 素直じゃないので、端っこにして淡い星雲とモクモクにしてみました(笑)

 うーーん淡いです。
 1時間程度の露光では全然足りないってことがよーくわかりました。
 これはまた、撮影するかもしれないし、もう撮影しないかもしれない(笑)

 冒頭の春ですねーはですね、昨年からやってるおとめ座領域の季節がやってきました!
 ラストが6月公開のやつなので、続きをやろうと思います。
 どこまで広がるかはお楽しみ~~

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


sh2-302,305,306,307,309


 シリウスさんのご近所とも座にあるsh2の塊です。 
 
sh2-302-C2-1S-2P-1P-1P-1P-1P


 とも座付近 散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/10/14  3:47~
 TAKAHASHI Epsilon-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 TAKAHASHI EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 240sec 17枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、ダーク、加算平均σクリッピング

 この日は3対象撮影したのですが、最後がこいつです。
 何を撮影するかステラナビで調べてたところで、目についたのがsh2の集団
 画角的にもちょうどだったので狙いました。

 地味そうだけど、真ん中には暗黒帯、そして星雲、端っこには小さいけど星団もあります。
 sh2-306は超淡かったです。

 名前入りも貼り付けておこっと
sh2-302-C2-1S-2P-1P-1P-1P-1P - 名前


にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



   

トールの兜星雲 NGC2359


 トールの兜星雲(NGC2359)です。
トールの兜O3-A2-rgb-1S-1P-1P-1P-1P-1P

 おおいぬ座付近 散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2019/2/2 00:07~
 ε-130D QHY163M 
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 baader Hα7nm 31.7 Gain120 offset60 2bin 300sec -19.1℃ 12枚
 baader OⅢ8.5nm 31.7 Gain120 offset60 2bin 300sec -19.1℃  8枚 
 ダーク、フラット、加算、AOO合成

 QHYを10月末に手に入れてから、いろいろと試写を続けてます。
 特に撮影時のGainとOffsetのベストな設定はどこなのか??
 ダーク、フラットもカメラとはちょっと違うような。。

 気になる点もあり、まだ当面は試写なのですが、
 今回はいい感じに仕上がった?ので公開しちゃいます。

 こっそり追加
 どっちがいいのか悩むんですわ。。どっちもいいんですけどね。
 ヒストグラムはこちらのほうが整ってるって感じです。
 画像処理というのは終わりというものがないですね。
トールの兜Ha-C2-1S-rgb-2P-1P-1P

 

にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

IC359 雲子分


  IC359と雲子分です。
IC359-A2-2S-1P-1P-3P-1P

 おうし座付近 分子雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/10/13 23:17~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 240sec 35枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019
 フラット、ダーク、加算 
 
 赤い星雲を撮影するときはいつも180秒1コマ撮影なのですが、
 この子は大変ってことを言われてたので、1コマ240秒で40枚ほど撮影したのですが
 諸事情で35枚をコンポジットしましたが、それでもなかなかどうして雲子は
 しょぼくれたまま。。
 何度かチャレンジはするものの、全然ダメなわけで
 なんとなくダークが怪しいなと気づきまして、再度だーくの撮影からやり直しして
 やっとこさ公開に至ったわけです。

 なんでダークかというとですね。
 コンポジット後の画像が元撮影画像よりも霞なんだようになってたので
 そう思っただけなんですけどね。
 

 「雲子分」を広げる会 会員No2です。
 この会のリーダーはミッチー先輩なので、入会希望の方はミッチー先輩まで(笑)
 
にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 
 



ツィーと仲間たち


 カシオペア座のツィーと、その周辺の星雲たちです。 
ツィー IC5963-C1-1S-4P-1P

 カシオペア座付近 散光星雲
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/10/8 3:59~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-Ⅱ
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 18枚 StellaImage7,PhotoshopCC2019  

 この星雲、じっくりみてるとヤモリ?オオサンショウオ?のように見えてきました。
 そしてもう一つ、ツィーの右上にある暗黒帯がやっぱりヤモリ?に見える。。

 10月7日撮影は、もう1対象あるのですが、画角の見直しで再撮影したので
 そのうち公開します。
 次回からは10月13日撮影分です。

 にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 

 


大阪あすとろぐらふぃ~迷人会
八塔寺星を観る会イベント
GPV天気(岡山)
にほんブログ村 天体写真はこちら