気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

星の写真

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

木星


 6月17日の八塔寺定期観望会が開催され17人も集まっていただきました。
 生憎の天気でしたが、雲の切れ目で木星と土星を望ヶ丘天文台の40cmRC望遠鏡で
 楽しんでいただきました。

 望ヶ丘天文台では、観望会に来ていただいた方に星を観るだけではなく
 お手持ちのスマホで星たちをお持ち帰りいただくためスマホアダプターをつけてます。

 それで撮影した木星がこれ!
IMG_20170617_202737

 まずは露光時間長めで衛星をパシッ!

 そしてじっくりピントを合わせパシッ!
IMG_20170617_202926
 
 ISO820 1/5秒 f2
 いい感じで撮影することができました。

 土星も撮影したかったのですが、観望途中で曇ってしまい観るだけとなりました^^;

 新月期突入ですが週末は天気がよろしくないみたいです。
 晴れないかなぁ

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


M46M47


 3月 19日に撮影したM46M47です。
 6Dファーストライトで試写したものです。
 この画像みて6Dミラーレスの決断したんだなぁ。。。
M46M47-C1

 もう何も出ません。。。
 
 ここは二重星団ではないですが、2つの星団が撮影できるお勧めスポットです。
 星をもう少し色がつけば立体感がでるのかな。。

 ミラーレス6Dでここはリベンジしたいですね。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

チューリップ星雲 sh2-101


 はくちょう座のチューリップ星雲です。
チューリップ星雲-D1-1S-1P-2P2

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2017/06/16 23:13-
 ε130D CANON EOS 6D SEO-SP4  EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 240秒 14枚 OMIT 0枚
 RStackerダークフラット SI7コンポジット・デジゲン  PhotoshopCC画像調整

 ちょっと赤の入っているバージョン
チューリップ星雲-D1-1S-1P-2P

 そしてコンポジット直後の画像
チューリップ星雲-C1

 なんにも見えません^^;

 はい、お気づきだとおもいますが、おりおんさんをトレースしてます。
 だって同じシステムなので、まねさせてもらうのが、上達の早道かと思いまして・・・・

 で、気付いたことは、おりおんさんやっぱりすげーってことかな。
 これからも、まねしちゃうもんねー(笑)
 だから、次撮影するときはM16,M17狙っちゃうもんねー(笑)


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 

アンタレス付近


 6Dのミラーレス化でのファーストライトで撮影したアンタレス付近です。
アンタレス付近-D1-1S-2S-1P-1P

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2017/06/16 21:46-
 ε130D CANON EOS 6D SEO-SP4  EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 300秒 1枚 240秒 14枚 30秒 1枚 OMIT 3枚
 RStackerダークフラット SI7コンポジット・デジゲン  PhotoshopCC画像調整

 6Dのフラットは100枚でしょーというアドバイスをいただいたので
 撮影開始前にスカイフラットを102枚撮影しました。
 また、今回はB.S.Revolution さんに教えていただいた、
 APT+PHD2Guidingでディザリング撮影にもチャレンジしてみました。
 APTから[Start Dithering」としゃべってくれてたので動いてるっぽいです。

 準備に時間をかけたおかげで、BOX減光は完全制覇できたようです。
 上記はトリミング一切なし、かぶり補正もなしです。

 また、これまでは写真全体のみの処理をしていたのですが
 大阪あすとろぐらふぃ~迷人会の画像編集ビデオでR.G.B分離処理の説明があったので
 これをやってみたところいい感じになったように思えます。

 いろいろとアドバイスいただいた皆様ありがとうございました。

 少し赤が強かったのでもう1パターン処理
アンタレス付近-D2-1S-1P-1P


 2枚とも300秒、30秒の撮影位置と240秒の位置が若干違うので端っこが黒くなってるのは
 トリミングしてないよーって言いたかったのであえて残してます。

 実はアンタレス付近は何回も撮影はしてますが、ここまで色が出たのは初めてでして
 とてもうれしいです。
 まだまだ改善点はあると思いますので、またそのうち再チャレンジしようと思います。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



NGC6543 キャッツアイ星雲


 NGC6543 キャッツアイ星雲という天体です。
キャッツアイ星雲1+2-C1-1S-1P

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2017/05/27 22:01-
 ε130D CANON EOS Cooled 60DSEO-SP3  EM200 tenmma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 300秒 10枚 480秒 15枚 OMIT 0枚
 SI7ダークフラットコンポジット画像調整 PhotoshopCC

 撮影してもよーわからんくらいの小さな天体なのでトリミングしてみました。
キャッツアイ星雲-T

 この真ん中の緑の明るいところなのですが、スパイダーでつぶれてますね。
 これは屈折で撮影しないとだめなのかも。それか露光時間が長すぎたのか。。。

 それと編集していて全体に色むらがあるなぁと思ってたら
 こたろうさんから、それもくもく分子雲じゃない?との連絡がありまして
 なんとかならないかとがんばりましたが、うっすら程度なにかがあるようなないような

 週末は八塔寺星を観る会の観望会です。
 晴れるかなぁ。。。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



網状星雲 Update1


 NGC6960とNGC6992をつなげてみました。
 そもそもこの2体はモザイクを前提で撮影してましたので
 いい感じに収まったと思います、
網状星雲ICE

 
 難しかったこと、やはり2枚の色あわせかな?

 2017・6・14 こっそり微調整した写真をUp
網状星雲-E



にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村






NGC6992


 NGC6992 網状星雲の片割れです。
 NGC6960と同じ日に撮影はしていたのですが
 処理のやり直し(Update6)が続き、こちらの編集まで手が回ってませんでした。

NGC6992-C3-2S-1P-1P-1P

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2017/05/27 2:18-
 ε130D CANON EOS Cooled 60DSEO-SP3  SXW LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 300秒 13枚 OMIT 0枚
 SI7ダークフラットコンポジット画像調整 PhotoshopCC

 にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 

八塔寺星まつり2017 「いいね!写真展」開催します


 今年もやります!

 八塔寺星まつり2017 「いいね!写真展」
 
 昨年大好評でした八塔寺星まつりのイベント「いいね!写真展」を
 今年も開催します。
 募集要項ができましたのでこの場を借りて告知させていただきます。

 「いいね!写真展」とは

 八塔寺星まつり当日に皆様から応募いただいた写真を展示し
 来場者の方に気に入っていただいた写真に「いいね!」シールを貼っていただき
 「いいね!」シールを一番多く集めた写真が優勝となるイベントです。
 駆け引きなし、来場者次第のガチバトルです。

  ・天体写真部門、星景写真部門の2部門
  ・優勝者には八塔寺産の新米をプレゼント
  ・来場者の方は「いいね!」シールを各部門で1枚

 昨年優勝者は、いつもお世話になっている方でした~
 王者が2連覇するのか、それとも新星が現れるのか!

 皆様の参加お待ちしております。

 募集要項の詳細をこちらにUpしていますので、見てください。
 https://1drv.ms/b/s!AvsPIDe0H-d0lkho0hPNuDbSqRXp
18950987_1531390750218648_3248362080415558188_n

  
 八塔寺星まつり 2017年10月14日(土) 15:00- ※まつりの詳細は別途告知します。
 「いいね!写真展」応募期間 2017年5月30日(火)~9月29日(金)必着

 多数の応募お待ちしております。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 

NGC6960 update6


 この写真をコンポジットして画像限界までレベルを上げたとき
 いつもと違う網状星雲がそこにありました。
 自分でいうのもアレなんですが、ここまでの画像情報が乗っかっていることに驚きでした。
 この情報をロスすることなく表現してみよー
 それが始まりです。
 この記事は気力が続く限り(あきるまで)画像編集を続けたのを更新していきたいと思います。
 画像でご指摘、改善方法などあればぜひお願いします。
 もちろん、「いいね!」をもらえると励みになります(笑)

 --Update5 2017/6/11 07:30--

 Update5の画像をさらに調整してみました。
NGC6960-C5-1S-2P-1P

 右側の緑のムラが取れないなぁ。。
 このエリアは撮影時から輝度が少なかったのでそれを無理やり処理したのが敗因ですね。
 初版公開から比較するとだいぶ変わったかな。
 まだ迷走中ではありますが、今回はこれで一度〆ます。
 もう片割れが未処理なのですが、同じ雰囲気になってくれるか心配だなぁ


 --Update5 2017/6/5 23:28--

 ダーク・フラット補正をRStackerで行い、コンポジット、デジゲンがSI7
 以降をPSCCでの処理という手順に変更してみました。

NGC6960-C5-1S-1P-2S

 網状の青の部分が脱色。。。
 まだまだだなぁ。。。

 --Update4 2017/6/5 00:28--

 RAW画像です。1枚目
RAW画像

 撮影データ ε-130D cooled 60D SEO-SP3 ISO3200 300秒 23:56- 1:46まで
 これを22枚コンポジットしてます。


 22枚目
RAW画像22枚目

 
 1枚目をWBの調整でレベルを合わせたときの画像
WBだけ調整



 --Update3 2017/6/3 21:27--

 最初からやり直してみました。
 ベイヤーからRGBへの変換でこれまでWBは自動にしていたのですが
 これを「撮影時」としてみましたが結果は同じ。。。

色

 SI7のレベル調整画面です。
 RGBの山はすべて合わせましたが、やはり緑が強くエメラルドグリーンにしかなりません。
 さてどうしたもんかねー

 --Update2 2017/6/3 10:06--
 コンポジットまでは前回と同じ画像です。
 その後の処理でSIのオートストレッチとlab色彩調整でRBを強めにして処理してみました。 
 
NGC6960-C3-2S-1P-1P-3S-2P-2

 RGBレベルあわせをしてみたのですが、どうも緑が強くなってしまいます。
 SIでベイヤーからRGB変換するときのWB設定がよろしくないのかもしれない。

 --2017/6/3 00:03-- 

 これどう?
 
NGC6960-C3-1S-1P-1P

 何がしたいのでしょう。。。
 きっとだめだめなような気がする。

 じゃーこれは?
NGC6960-C3-1S-1P


 色薄いか。。。
 何がいいのか、わけわからん。
 迷走モード中

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


 

望遠鏡と天の川そして超新星ニアミス


 天の川を背景に八塔寺天文台の赤道儀と望遠鏡です。
 昨年9月に設置され稼動を始めました。
U5000_MG_8839

 この赤道儀はユーハン工業U-5000というモデルですが、
 ユーハン工業秋田氏の手作りで製作に1年以上かかったという代物です。
 しかしながら、この設置後に、病で倒れ帰らぬ人となりました。ご冥福をお祈りします。
 よって、この望遠鏡が秋田氏の遺作となり世界にひとつしかない貴重な赤道儀となりました。

 鏡筒は40cmリッチークレティアン焦点距離3250mmです。

 この八塔寺天文台の赤道儀、鏡筒、建物は個人の所有物ではあるのですが
 八塔寺星を観る会の観望会時には一般開放され、星や星雲、銀河などを
 観察していただいております。
 それ以外のときは、所有者による変光星、超新星のフォローアップ撮影や
 長焦点ならではの系外銀河の撮影などに使われてます。
 長焦点で星を見てみたい方はぜひ八塔寺にお越しください。

 こちらは、私の初号機SXWとε-130Dです。
SXW_MG_8847

 なかなかいい仕事をしてくれる相棒でした。
 
 このとき撮影していたのでNGC6946という銀河なのですが
 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この撮影から数日後に超新星爆発がおきたそうです。
 このニュースを聞いた↑の望遠鏡の所有者の方からもしかしたら超新星発見前に
 写してるかもーという連絡をいただき調べてみたのですが、残念ながら写ってませんでした。
 正確に言うと爆発前の星らしきものを捉えてました。19等星だそうです。
 (念のためなんとかという機関に写真は提出)
 この超新星はなんとか型というやつで、もしかしたら爆発して消滅している可能性もあるので
 ある意味、最後の姿を撮影した1枚ともいえるかもしれません。
 この記事を書きながら知ったことですが、NGC6946は超新星工場と呼ばれているらしく
 これまでいくつもの超新星が発見されているそうです。

 そのときの画像がこれ黄色のマークのところにゴミのようなのがそうです。
超新星

 この騒動以降、撮影するたびに新たな超新星爆発はないのかと探し始めたのでした。。
 超新星のポイントは必ずホスト銀河というのがあるとのことなので
 銀河の渦の中をチェックすればいいそうです。
 チェックはカラー画像はわかりにくいので白黒反転するといいそうです。
 そして確認の星図アプリはAladinというものを使います。
 このアプリいつものプラネタリウムソフトとは比べ物にならないくらいの星の量です。
 興味ある方はネットで調べて見て下さい。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 天体写真はこちら