気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

機材

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

Coold60Dのノイズについて


 ふみふみさんからご質問があったので
 Coold60Dの冷却能力(ノイズ)量について書いてみたいと思います。

 たんにダークライブラリの公開ですね(笑)
 ノイズをわかりやすくするために写真の中央部をトリミングして公開します。

 まずは非冷却時
 ISO3200 300秒
ダークISO3200-300

 ISO3200 600秒
ダークISO3200-600

 300秒に比べ600秒では恐ろしくノイズが増えますね。。

 では、冷却時(この撮影は日中におこなったのでCMOS温度は6℃)

 ISO3200 300秒
ダークC-ISO3200-300

 ISO3200 600秒
ダークC-ISO3200-600

 ということで、冷却するとノイズがとんでもなくなくなるというのは明らかですね。
 そして長時間露光してもあまりノイズが増えないという驚愕の事実が~~~~

 最近、ダーク引きする必要があるのかと思うこのでした。。。

 ついでにX4だと

 ISO3200では撮影しないのでISO1600ですがこのようになります。

 ISO1600 300秒
ダークISO1600-300

 ISO1600 600秒
ダークISO1600-600

 という感じです。
 1つわからないのが、Coold60Dの非冷却時のノイズは背景が黒ですが、
 X4の背景はどちらかというと赤っぽいです。
 これは改造による方式の違いなのか、CMOSの性能なのか。。。
 画像エンジンは60D・X4も同じDIGIC4なのでエンジン性能ではなさそう?
 どうなんでしょう。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 

QuickCam Pro 4000


 偶然にもQuickCam Pro 4000を手に入れることができた。
 パッケージもなにもないのでたぶんでしかないですが、
 ネットで説明されているものから推測するとたぶんSONY ICX098BQ CCD搭載のやつ

P1060041

 しかーし、このwebカメラは古いのでWindows7用のソフトなどはメーカーにはありません。

 でも、感度いいですし、惑星撮影にはもってこいなんですよね。
 ということで、梅雨ででかけられないし、Windows7で動作させることにチャレンジしてみました。

 まずは、なにもインストールしないでPCに接続すると
ドライバー

ドライバー2

 残念ながら識別不能なデバイスに。。。
 でも、ドライバーは標準で利用できるみたいなのでカメラはそのまま使えそうです。

 しかし、それでは自称ITエンジニアの私は気がすまない。

 メーカーのHPでとりあえずドライバーなどを探しでダウンロードしました。

ドライバー5

 WindowsXPではドライバーのダウンロードがありましたがVistaにはドライバーはないですね。
 Windows標準でいけるってことかな。

 ダウンロードしたファイル(qc1051enu_x64.exe)をクリックすると
ドライバー6

 なんだインストーラー動くじゃない。これで安心と思いきや
ドライバー7

 がびーん。。。インストールできませんでした。
 こうなると、なんどやっても同じことなのでお手上げです。

 自称ITエンジニアはあきらめも早い。めんどくさいのでヤーメー

 しかし、自称ITエンジニアはあきらめも悪い。

 そして、本職発動!
 そもそも、ダウンロードファイル(qc1051enu_x64.exe)って何者?普通インストーラーは
 SETUP.exeとかじゃない?
 たぶんダウンロードファイルは自己解凍形式のファイルでどこかにインストーラーあるんじゃね?
 ということで、PCのファイルを探してみると

 ほら、やっぱりあったよー

ドライバー8

 C:\program fles(x86)\logtech\quickcamweninstallというところにインストーラーの残骸を発見
 念のためSETUP.exeを動かしてみるとー

 やっぱりダメかー同じメッセージが。。。

ドライバー9

 「OK」終了。。本職も諦めは早い。できないものはあきらめよーーー

 と、思った、そのとき!画面に

ドライバー10

 そうだよ、インストールできないんだよ。だから俺はあきらめるんだ!!
 
 まて?

 「推奨の設定を使用して再インストールする」

 だって??

 おぅ!頼むわ、推奨とやらをお願いします!!ポチ

 出たよ!!でたでた月が出た!!じゃなくて

ドライバー11

 「ようこそ」

 こちらこそ、「ようこそ」と言いたい!!
 推奨ありがてーーー

 「次へ」
ドライバー12

 キターーーーーー
 
ドライバー13

 待つこと5分くらい?
ドライバー14

 ワクワクワク、再起動!

 30秒後

ドライバー15

 Mission complete

 ちゃんと動くぜ!
ドライバー16

 デバイスマネージャーもこの通り

ドライバー17

 ちゃんとQCamPro4000で認識してるし!!
 
 よっしゃー、ということでVista用のソフトインストールできました。

 QCamPro4000は数年前はとても人気で中古でも数千円と高値で取引されてましたけど
 最近見なくなりましたね。やはりWindows7の対応がなかったからでしょうか?

 でも、こうやってインストールできるわけなのでまだまだ現役で使えそうですよ。

 さて、望遠鏡へ接続するための加工しないとですね。
 これからホームセンターで塩ビの水道管買ってきます!!

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 







 
 
  

Windows10


 Windows10への無償アップグレードが7月29日までということで
 そろそろどうしようかご検討中ではないでしょうか?

 わたしは名古屋に転勤していたときに使っていたスペックのしょぼい
 WIndows8.1を1台WIndows10にアップグレードしてはみましたが
 メインPCではないので電源も入れずずーと放置状態にしてました。

 ふみふみさんからWindows10で天体関係の便利ソフトが動くの?と、
 おっしゃられていたのと、私も試したことがなかったので
 よく使うフリーのソフトをインストールして動かしてみました。

 Windows10 Home 64bit

 試したソフト
  SiriusComp Relese 20120217a
  フラットエイド Ver2.5.1 
  RStacker  Ver 0.6.2

 結果からいうと全部動きました。
 なお、PCがしょぼいので、
 SiriusComp:枚数を増やすとメモリーエラーの発生
 フラットエイド:ごぞごぞするとメモリーエラーの発生
 などありましたが、これはWIndows7でも発生するので
 Windows10固有の問題ではないと思ってます。

 SiriusComp
P1060038

 RStacker
P1060039
 
 フラットエイド
P1060040

 こんなもんで参考になったかなぁ??

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  

極軸あわせ


 私の使っているHiglasiの極軸合わせはDPPAという機能を使って極軸を追い込むのですが、
 そうは言っても、最初に北極星にどれだけ近寄っておくかで追い込む回数とかが変わるので
 北極星に近寄っておくのは1つの課題でした。

 これまでは単眼鏡を自作で取付けるようにしてファインダーとして使ってました。
P1050939

 これでも十分役に立っていたのですが
 気になる極軸望遠鏡セットを見つけて半年悩んでやっと購入したのでした。
 それがこれ

P1050938

 天文機材を製作されているSB工房というメーカーさんが製作販売している
 ナンチャッテ正立極望というものです。
 なぜナンチャッテなのかはSB工房さんのHP見てくださいね。

 Higlasiに取り付けると
①取付け

P1050933

 取り付けネジはHiglasi用でお願いしたいので
 しっかりと止めることができてます。
 取付け後もなかなかかっこいい。
 
 で、極軸合わせの精度ですけど
 これがすごいのよ。どんぴしゃって感じです。
 極望の使い方にそって北極星を導入して
 DPPAしてみたらもう合ってましたって感じです。

 また常時取り付けて置けれるので設置後のズレを
 いつでも確認できるようになるので
 撮影対象を変えるたびに微調整できるですよ。

 いい買い物しました。お勧めの一品です。

 で、ここで告知 日ごろの感謝をこめて(意味不明。。。
 以前使っていた1枚目の写真のファインダーを使うことがなくなるので
 Higlasi-2ユーザで標準雲台ステージの方で且つ極望もってないよーって方で
 ファインダーを使ってみたい方 先着1名さまににプレゼントします。
 ただし、送料は負担してくださいね。応募は5月20日までとします。

 コメントでメールアドレスとコメント欄にファインダー希望と書いて応募ください。
 なお、Higlasi2ユーザである証明をしていただきますので対象ではない方の応募はご遠慮願います。


 ぜんぜん話し変わりますが
 メインの撮影場所は八塔寺なのですが、最近近場で玉野市の深山公園というところに行ってます。
 ここは山の自体が公園で自然を楽しむというもので週末は県内外から多くの方が訪れます。
 また道の駅もありトイレ自販機など設備も充実しています。
 山といっても200mm程度の低い山なので空は全天が低空からひらけています。
 そして魅力は超巨大な駐車場で1000台の駐車スペースがあります。
 野球場何個つくれるんだろうっていう広さ
 また、道の駅の部分は明かりは常時点灯ですが駐車場の外灯は22時で消灯されるので
 あたりは真っ暗になります。暗すぎるのが心配な方は道の駅に寄れば明るいですしね。
 天の川がとてもきれいに見えますよ。

 といういいところなのですが、先日事件が22時に消灯された外灯が0時に点灯したんですよ。
 なので管理事務所に連絡したところ設定ミスだったらしくいまはちゃんなったと連絡を受けました。
 対応もなかなかよかったです。

 平日はここを利用するってことで活動量が増えそうです。

 2016/5/19追加 東南方向
パノラマ

 
にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 

安物買いのなんとかかんとか(笑)


 年度末で忙しかったのですがやっとひと段落。。
 これですこし余裕ができるかな。

 今回は機材ネタ
 ポタ席の設置で結構苦労するのが三脚の水平とポタ赤を北に向けること。
 意外と簡単そうで難しい。。。

 そこでレベリングユニットとパノラマパンベースを買ってみた。

P1050807

 3つネジのレベリングユニットは「Nodal Ninja EZ-レベラー」というのが有名な製品のようですが
 お高いので、同じような製品が半額以下の値段だったのでそちらを購入してみた。

 なかなかいい感じで満足していたのですが
 知り合いからこのレベリングユニットぐらぐらする~という連絡があり
 自分のもしらべてみると確かにぐらぐらする。

ガタ1

 わかりにくいですが、軸に遊びがあり、横から少し力を加えるとぐらぐらするのでした。
 真上から荷重がかかれば下に押さえる力となりあまり気にすることもないのでしょうが
 ポタ赤を乗っけてその上にカメラをがあり、それを回転させるので位置によっては
 真上ではないところに荷重がかかり、ポタ席が斜めになってしまうという。。使えないわ

 なぜ、軸に遊びがあるのかと思ったら、レベル調整のダイヤル(青いやつ)を回すと
 だんだんネジが緩んでしまうみたいで、その結果遊びができてしまうようです。

P1050818


 あまり情報がネットにおちてなかったのですが
 バラして組み立て直したらガタがなくなったというのを見つけたので
 早速ばらしてみた。

P1050817

 一度バラして再度組み立てておもっきりネジを締めたら
 ネジが折れた。。。。うーーん、ネジボロだね。。。

 ホームセンターで同じサイズのステンレスネジ買ってきてなんとかリカバリー
P1050828

 ついでにネジの動きも悪かったのでグリースも買ってみた。
P1050831
 
 で、組み立てなおしたんだけど、何回かぐるぐる回していると1箇所だけネジが緩んでしまい
 やっぱりガタになるので

 ネジの間にあったバネを外してみたところなんとかなったっぽいです。
 
P1050832

 ただ、ネジ穴が短いのでネジだけでは完全に締め付けれないので
 ワッシャーを入れて調整したです。
 ネットで調べたらネジが外れないようにするのにネイルを塗ると適度に固まって
 いいかんじになるということで100均で透明ネイルを買って塗ってみた。
 
 あまったネイルは今日はちょうど結婚記念日だったのでかみさんにプレゼントって渡しておいた。
 
 というわけでガタもなくなり動きもスムーズになったです。

 さて知り合いにこの解決方法をどうやって伝えようか。。。
 

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  

SXW復活


 やっとSXWが戻ってきました。

SXW

 そもそもどんな不具合だったかといいますと
 StarBookで導入する星を選択して導入ボタンを押すと
 赤道儀は動くのですが導入速度がとてつもなく遅い!
 SXW仕様では1000倍速となっていますが、まったくそんな気配ではなく等倍もしくはそれ以下
 徒歩5分のトイレに行って戻ってくると導入完了しているという赤道儀君のマイペースぶりには
 ちょっとイラっとしたのでした。
 
 また、Starbookのコネクタにちょっとあたるとシステムメニューが表示されるし 
 3分ノータッチ撮影ができる極軸精度のときに
 オートガイドするとガイドが暴れて3分の撮影ができないという。。。意味不明な行動に
 
 室内で動かした限りでは自動導入は直ったみたいで
 あとはオートガイドがどうなるかですね。
 今日は21時ごろまで晴れそうなので自宅前でオートガイドの試験でもしてみようかな

 お名前が星座名の某さんが赤道儀の箱自慢されてたので
 写真は赤道儀のケースにしてみました(爆)

 にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 

フード工作2


 安心してください。生きてます(笑)

 前回の更新が11月3日でして、新月を通り越し満月期に。。。。 
 赤道儀は修理&オーバーホールでいまだ入院中で&仕事忙しいで
 撮影に出かけられない毎日です。

 そんなこんな日々ですが、アストロアーツ星ナビ創刊15周年とかで
 アストロアーツ製品が超お買い得という罠にはまり
 星ナビ年間購読の申し込みやら、ステライメージをついに買ってしまったりと
 日本経済に貢献してみたりしてます。

 やっと半日ほど休みが取れたので望遠鏡フードの工作してました。
 もっと違うことしたらえーのにね。

 そのフードですが、私の工作人生集大成ともいえるものになりました。(大げさな。。

 まずは完成品など
P1050737

P1050735

 ポイント① 
 レンズヒーター内臓!! パチパチパチ
 12V仕様7.5Wのレンズヒーターをフードの首のところに内臓してみました。
 これでフードを取り付けるだけでヒーター装備が楽になりました。
 またヒーターが外気に当たらないので熱効率がこれまでの100%UP(当社比 たぶん

 ポイント②
 FTフードに標準装備の乾燥空気システムですけど、私のシステムは一味違うですよ。
 見てのとおり空気の取り込み口がでかい内径4mm外径6mmもあります。
 そしてこれまで5V仕様にこだわっていたレンズヒーターを12V仕様にしたのもこのためです。
 フード内の乾燥空気のチューブにレンズヒーターを入れておりましてフード内で
 空気を暖めて2方向から噴出すようにしました。

 ということで、熱風乾燥空気システム+レンズヒーター付きフードなのです。

 内部が見たいって??しょーがないなぁ(言ってねーわてか

 アルミをはがすと、ダンボール紙で全体をくるんでます。
P1050733

 ダンボール紙をはがすと、フード内の配線をマスキングテープで固定してます。
 (最後は間テープは剥がしました)
P1050718

 配管と配線はこんな感じです。 
P1050729

 白い線がニクロム線です。
 ショート防止と発火防止するためにニクロム線はガラスチューブに入れて見ました。 
P1050725

 このニップルとチーズはモノタロウで購入したのですが
 購入後にどっさりとモノタロウカタログが届きました(笑)

 フードの元です。これは前回紹介したものになります。
P1050716

 乾燥空気は1Lの容器にシリカゲルを入れてエアポンプで送り出します。
P1050742

 
P1050743

 このポンプ毎分8Lのエアーを送り出してくれます。
 早く試したいのに赤道儀も時間も。。。。

 気になる費用ですが見てのとおりダンボールはスーパーに行ってもらってきたのでタダなのですが、
 小物の購入や加工するための道具代で結構な額に。。。

 今回の反省点
 ヒーターを7.5Wにしたのですがこう少し熱量がほしいところかな
 あとは結構いい感じにできたの自己満足です。
にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 
 
 
 

  

幸せは突然に


 へんな題目で。。。

 仕事から帰ると箱がひとつ届いてました。
P1050667
 

 それをあけると
P1050668
 
 白い箱が入ってました。
 箱にはCANON 60Dって書いてます。

 その箱を開けると
P1050669

 60Dですわな(笑)
 でも~後ろを見ると!!

P1050670

 みんな大好き冷やし中華、いや冷やしカメラ!
 知り合いにお借りしたのでした。
 週末が楽しみだわ!

 そして昨日はオリオン座流星群 
 行きましたよ。近所の公園に0時から2時まで300枚撮影しました。

 なんと、流星1枚も写ってませんでした。
_MG_2706_E

 ポタ赤での撮影も76枚あるから
IMG_9279-E

 
 悲しかったり嬉しかったり。

 でも22日は嬉しさの勝ちですね。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



  

ヒーター工作 ver2


 前回書きましたけどヒーターの温度が高すぎて
 消費電力がすごいので低電力版を作成しました。

P1050620

 見た目同じですけど、暖かさが人肌程度となりました。
 前回は温められた缶コーヒーくらいの温かさ。

 仕様を備忘録として書いておきます。

 ニクロム線 0.2mm 34.4Ω/m
 長さ 1本あたり 45cm 抵抗 15Ω
 2本並列仕様 合成抵抗 R0 = 15*15/15+15 =  7.5Ω
 熱量 W=5*5/7.5= 3.3W
 電流 A=5/7.5= 0.6A=600mA

 きっとこれなら一晩は持つはず バッテリー充電できたらまた試験だ!

 山口のじぃさまからコメントいただいたので書いておきます。

 長さ1mのレンズヒーター、モバイルバッテリー仕様
 
  ①ニクロム線は2mの長さになります。
   なぜかというと両端に電極付けるわけにはいかないので
   「⊃]な感じにするですよ。だからヒーター長の倍の長さが必要になります。

  ②モバイルバッテリー仕様で考えると抵抗値は10Ωを基準にするので
    2mのニクロム線だと0.5mm径が5.5Ω/mなのでちょうどいいと思います。

 長さ50Cmのレンズヒーター、モバイルバッテリー仕様
 
  ①ニクロム線は1m

  ②抵抗値は10Ωを基準
    1mのニクロム線にしようとすると0.32mm径が13.4Ω/m、0.4mm径が8.59Ω/mなので
    どっちか好きなほうですね。わたしは0.4mmにするかな。

 12V仕様は作ったことないからわかりません!
 モバイル仕様をそのまま12Vで使うと恐ろしいほど熱くなるような気がする。。。

 それと最近のモバイルバッテリーは2A出力できるし10Ωにこだわらなくてもいいかなと思ってます。
 特に寒冷地だとレンズが凍るほど寒い場合に人肌では熱量が足りないような気がします。
 いずれにしても冬場はヒーターの上にタオルとか断熱材を巻いたほうがいいと思います。

 USBの口は100均でUSBなんちゃら買ってぶちって切るといいですよ。
 あとニクロム線は半田はつかないので接続子を圧着ペンチでぎゅーです。

 接続部分の絶縁は熱収縮チューブが便利です。

 部品はこんな感じ
P1050621

 作り方はまるこうさん 参照してくださいね。

 何回か試して自分好みをつくるですよ。
 結局買ったほうが安かったりして(笑) 


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村  
   
    
   
    
 

  


 


 
 

ヒーター工作


 結露とか霜対策が必要な時期になってきましたので
 久々にレンズヒーターを作ってみました。

 望遠鏡には主鏡、ファインダー、ガイド鏡の3つあるので
 これまでは3つ別々のヒーターを付けていたのですが電源確保がつらいので、
 ファインダー+ガイド鏡用二股ヒーターを作ってみました。

 某ヒーター屋さんが作成されていたので参考にさせていただきました。
 個人で楽しむだけなのでゆるしてちょんまげ

 装着したおころ
P1050616


P1050617


 現在13000mAのモバイルバッテリーで時間計測中です。
 予定では13時間と思ってますがどうなることやら

 某ヒーター屋さんに自作品を見てもらう機会があったのですが
 そのとき温度上がりすぎ!って言われたので今回は調整したつもりなのですが
 いま触ったら結構な発熱に。。。。

 0,4mmニクロム線(8.59Ω/m)の長さ45cmの並列仕様です。  
 USB仕様なのでニクロム線の抵抗は500mAだと10Ωにする必要があるので
 長さは116cm,となりますが 並列なので半分の約55cmだと思ってますが
 それをさらに適当なところで45cmにしたんですけどちょっとまずかったかなぁ

 それと使ってるモバイルバッテリー出力1Aだしだから発熱があがったのか?

 -追記-
 並列にした場合にの長さですけどネットで調べたらなんか違うような気がしてきた。。。

 -さらに追記-
 並列にした場合の抵抗はやっぱり違うみたいですね。
 長さは倍にしないとダメみたい。。なのでこの場合は232cmいるのか。。。
 なんかよくわからんようになってきた。
 勉強してきます!!

 -そしてまた追加-
 結果は4時間でした。
 並列の計算が間違っており抵抗値が減ったため消費電力が上がり
 この結果になったのではないかと思います。
 これは高温タイプとしておき、Ver2の開発でもしましょうかね。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 





 


 
 
 
八塔寺星を観る会イベント
GPV天気(岡山)
にほんブログ村 天体写真はこちら