気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

メシエ天体

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

天体の夏真っ盛りM8M20


 突然ですが、私の誕生日星座はいて座です。
 そして、そのいて座が12月に見えないというのを知ったのはついこないだの事。
 
 天体の夏、いろんなところで撮影され、ブログに毎日のようにUPされる
 いわゆる定番といえば、いて座にあるM8M20ではないかなと

 私も天体おじさんの一人として今年もM8M20狙ったわけです(話長いですね
M8M20-C2-2S-1P-1P-2P★

 いて座 散光星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/14 23:24~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 19枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018

 今回の画像処理で気を付けたことは
 ①M8の中心を飽和させないこと
 ②M8の星雲の階調を表現すること
 ③そして、猫の手の水虫をラベンダーの香りに すること

 ①は撮影時の設定で露光オーバーにならないよう気を付けました。
  設定確認の試写は3回

 ②については、画像編集過程で星雲を強調していきますが、
  この強調処理を繰り返し行っていると星雲自体はいい感じの色になってきますが、
  階調がなくなりのっぺりとしたものになってしまいます。
  また、階調を残そうとすると、今度は恒星がどんどん太ってしまうという
  相反する結果になります。
  そんなこんなのをアレして、コレして。。見たのでした。

 ③私は医者ではないので水虫を治す手段はしりません。
  そこで少しでもラベンダーの香りにでもと。。。
  私は水虫でもないですし、別に深い意味もないのですが、
  これも初めて聞いたのですが、M8の先の猫の手と言われている肉球星雲の
  淡いブルーを水虫って言うそうです。

 M8M20いかがでしょうか。

 にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村  

M11付近の暗黒の世界


 M11とその周辺の天の川です。 
M11付近-C1-3S-1P-1P★

 たて座 散開星団
 
 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/7/15 0:52~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4
 EM200temma2M LodeStar PHD2 Guiding
 ISO3200 180sec 22枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 M11付近に大きな暗黒部分があったので狙ってみました。
 マニアックな構図だったようで、作例がほとんどなく仕上げが手探りになりました。
 よく見ると真ん中あたりに「7」って暗黒帯とか、
 左下にはアディダスのマーク?それとも恐竜の足跡?のような暗黒帯も。。。

 なかなか面白いです。

 追加 2018/7/28 
 ボツというか、ちょっと派手かなって控えたやつもやっぱり公開します。
M11付近-C1-2S-2P-3P

 ちょっとコントラストを変えるだけで全く雰囲気が変わるので
 天の川の処理は難しいです。

 どちらがお好き?

 にほんブログ村参加中です。他にも素敵な天体写真がたくさんあるので見てね。
コチラを↓ポチっとね
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 

M16とM17星雲


 M16(わし星雲 イーグル星雲)とM17(オメガ星雲)です。
 これらの星雲は天の川のいて座からたて座のあたりにあります。
M16M17-RGB-C2-2S-1P-1PsRGB

 いて座たて座 星雲

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/5/20 1:59~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 19枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 撮影したのは先月ですが、5月末から画像処理は進めていたのですが
 なかなか思った通りにならずやり直しの連発で、やっとこさ完成です。

 というのも、実はこの子たちはR63フィルタを使って撮影したL画像と
 カメラ画像でL+RGB合成にチャレンジしたのですが、
 L画像合成するとL画像のノイズが加算されるのと星の色飛びになってしまうため
 今回はカメラ撮影分(RGB)だけで画像処理となりました。

 あと、星がちょっと流れているのと、またピントが合ってません( ;∀;)

 今回の画像処理のポイントはM16,M17の周りの赤い星雲までを表現してみました。
 もう少し表現できればよかったのですが、これ以上すると全体が赤くなるのでSTOP!

 にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M49と仲間たち


 おとめ座銀河団M49とその周辺です。
おとめ座銀河団M49-C1-1S-1P-2P-1P

 おとめ座 銀河団(群)

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/5/19 22:29~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 14枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 カタログ番号入りはコチラ
おとめ座銀河団M49-C1-1S-1P-2P-1PH


 今回は、この中でちょっと変わってるなって思った天体を切り出してみました。

 NGC4356
 NGC4356

 NGC4410エリア NGC4410は2つの銀河が衝突してる?
 NGC4410エリア

 銀河沢山 星も沢山 なんだか、ここから星が生まれてるような、
 それとも集まっているのか?

 NGC4424
 NGC4424

 NGC4430 腕が偏ってるね~
 NGC4430

 NGC4488 ~ みたいな形
 NGC4488

 NGC4519 小さい割に色がはっきりと浮き出たよ。
 NGC4519

 NGC4532 なんか観たことない形
 NGC4532

 NGC4535 フェイスオン銀河 上に1本の腕がおめしろい! 
 NGC4535
 
 並ぶ恒星 同じ明るさ、大きさなんだかおもしろい
 並ぶ恒星

 名もないエッジオン 名前がわかりませんが見事なエッジオンですね。
 名もないエッジオン1

 名もない淡い銀河 恒星の後ろにとても淡い銀河がありますね。形はかっこよさそうです。
 名もない淡い銀河1

 
 マルカリアン周辺のモザイクおとめ座銀河団の南側で繋げるために撮影したのですが
 のりしろが少なくてICE,PSCCでの自動モザイクは無理でした。。
 手動モザイクは面倒なので、こいつの西側を撮影してつなげようと思います。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

マルカリアンチェーン


 ラスボスのマルカリアンチェーンです。
M88M86M84M87-C1-1S-1P-2P-1P
 おとめ座 銀河団(群)

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/4/22 0:15~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 22枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 大きいやつだけ名前入り
M88M86M84M87-C1-1S-1P-2P-1PH

 このエリアも星、銀河の色をなるべく表現しようとしましたが
 なかなか色が出ないですね。

 これにて春の銀河祭り3部作完結です。
 また来年!!

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村




 

M85M100M99と仲間たち


 今回は、マルカリアンチェーン領域の東側の領域です。
M85M100M99-C1-1S-1P-3P

 おとめ座 銀河団(群)

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/4/21 23:03~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 16枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 この領域もたくさんの銀河がありますね。大きいやつだけカタログ番号を書きました。
M85M100M99-C1-1S-1P-3PH


 今回の写真ではM100,M99が比較的大きな銀河なので、銀河の色にこだわってみました。
 ちっこいからわからないかもしれませんけど。。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

女子力UP!!


 丸坊主のおっさんに女子力とは、これ如何に
 はい、そんなものは不要です。

 でも、全国の宙ガールが少しでも増えていただけるのであれば女子力アップも必要なのかも

 ハート型天体の紹介です。
M90M89M58M59M60-C2-1S-2P-1PH-T

 この天体はおとめ座銀河団に所属するNGC4567、NGC4568という銀河です。
 見ての通り2つの銀河が衝突、融合しているところなのですが、
 これがハート型に見えます。そして私のミラーレス6Dで撮影すると
 IR改造しているためピンクに写ります。 染めてます。
 これ見て「かわいい~~」とか、言ったあなたは女子力10%UPです(笑)

 はい、そんな話はここまでにして
 おとめ座銀河団、マルカリアンチェーン領域の西側の領域です。
M90M89M58M59M60-C2-1S-2P-1P

 おとめ座 銀河団(群)

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/4/22 1:29~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 EM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 8枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 たくさんの銀河がありますね。
 大きいやつだけカタログ番号を書いてみました。
M90M89M58M59M60-C2-1S-2P-1PH

 おとめ座銀河団の写真は銀河が中心なので星の色がついつい白色になりがちなので
 星の色にこだわってみました。


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 
 
 

M65M66NGC3628

 
 春の銀河祭り ちっこいシリーズ
 しし座のM65,M66,NGC3628です。

M65M66NGC3628-C2-1S-1P-2P

 しし座 銀河群

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/3/17 1:09~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-ⅡEM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 21枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 かぶりが相変わらずで、目立たなくするためにシャドウ側を思いっきりカット 
 なので背景が黒になっています。

 また、拡大するとわかりますが、小さめの恒星について光条が2本になっています。
 ピントが合ってないのかな。。 
 それともHEUIBフィルタの影響なのかも


にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村




M95M96M105と仲間たち


 春の銀河祭り ちっこいシリーズ
 しし座のM95,M96,M105とその周辺にあるNGC系銀河です。

M95M96M105-C1-1S-1P-2P-1P-2P


 しし座 銀河群

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/1/21 4:39~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-ⅡEM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 20枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 M44でかぶりのことを書きましたが、実はこの子たちの画像処理でかぶりが酷くて
 2か月ほど画像処理から遠ざかってました。
 
 かぶり補正はグラデーションマスクで地道に色と輝度を調整していくわけですが
 このグラデーションマスクを作成すると、通常は微妙に段々に見えます。

 これは実際の画像が段々になってるわけではなく、グラボからモニターへのの出力の限界って
 やつで、処理に影響があるわけでもないので気にする必要はないのですが、
 なんせ、かぶりが酷いので、何重にもマスクを重ねるので、とてもその段々が気になって
 処理どころじゃなくなってきたという感じです。

 一昨年に機材のリニューアルを行い、昨年は画像処理に力を入れてきました。
 周りの皆さんにいろいろ教えていただき、なんとか処理もできるようになってきたので、
 昨年の秋から画像処理用の機材のリニューアルに着手し、カラマネモニター、
 PCの強化を進めてきたのですが、1つだけやり残したのがグラボでした。

 とはいっても、使ってるのはゲーミング世界ではミドルクラスのグラボなので
 悪くはないのですが、先に書いたようにグラデーションが段々というのがねぇ。。

 段々ってなんだと思われる方こちらを
 http://www.elsa-jp.co.jp/html/quadro/contents14_1.html

 10bit出力グラボなら段々がなめらかになる?と信じ
 数か月風呂掃除のお手伝いで貯めたお小遣いでQUADROをゲットしたのでした。

 と、話は長くなりましたが
 グラボをリニューアルし、ルンルンで処理を再開したのですが
 結論は段々は変わらなかったと。。。。ショボン

 変わらなかった正確な理由はわかりません。。。
 仮説
  ①アドビの注意書きが気になる。。。
   https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/photoshop-cc-gpu-card-faq.html
   「注意:
     30 ビットディスプレイは現在のドライバーでは正しく動作しません。
     アドビでは、この問題の解決に向けて取り組みを進めています.

  ②ゲーミンググラボでも10bit出力できていた。
  ③そもそも、言ってる段々は10bit出力でも解消できない。期待しすぎ。。。

 等々

 とはいっても、機材は自己満足の世界でもあるので、無駄な買い物だったなんて
 思ってませんので。。いたって元気です。
 そんなこんなで気を取り直して、今回の画像はかぶり補正がんばりました。
 
 話が長くなるついでに、かぶりの原因ですが、
 これはまだ解決はできてませんが、怪しいのは2つ

M95M96M105かぶり

 ※彩度をMAXに上げてかぶりを強調した画像

 6Dは以前ブログで書いた通りセンサーBOXが小さいくイプシロンだと周辺減光が激しいので
 ミラー外しなど対策たため、カメラ内にフィルタは付けれません。
 なので、補正レンズ前にHEUIBフィルタを付けています。
 このため、フィルタと補正レンズの間で、星の光が乱反射している。
 これは画像を拡大するとわかりますが、周辺の星が微妙に伸びたり二重になってます。

 もう一つは、鏡筒フードが斜めに取り付けていた。
 また、スカイフラットを撮影したときに撮影状態とは違う傾きになり
 フラット画像があってない。

 鏡筒フードは自作なのですが、鏡筒にはめ込むと、がしっと固定されるようにつくったのですが
 最近、ゆるゆるでがしっと固定されなくなってるので。。

 あとは、光軸がズレている可能性もありますが、それでかぶりが起きるとは考えにくい?
 鏡筒はそのうちメンテナンスに出すつもりなので、ここでは不問

 ほかにも結露の可能性も考えられますが、鏡筒の外側が湿気てたとか、
 凍ってはなかったですから。八塔寺って意外と湿気すくないので。

 カメラセンサーが傾いてるってのもありますかね。
 
 これらは、おいおい調べてみます。

 やっと、1月撮影の処理が終わりました。
 残すは3月16日に撮影したあいつです。
 これは初撮影の対象なのでうまいこと処理できるかは???

 おっと、最後に、この子たち昨年も撮影してました。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M44 プレセぺ星団


 かに座の中心にあるM44 プレセぺ星団です。
 前回公開したMel111と、このM44は星がとっても綺麗なのでお気に入りの散開星団です。

M44-C1-1S-1P-1P-1P-1P

 かに座 散開星団

 撮影データ 岡山県備前市吉永町八塔寺 2018/1/21 2:50~
 ε-130D CANON EOS ミラーレス6D SEO-SP4 HEUIB-ⅡEM200temma2M  LodeStar PHD2 Guiding
 ISO1600 180sec 22枚 StellaImage7,PhotoshopCC2018 

 オリオン星雲とか、ツール兜なども同じ日の撮影なのですが、
 この子はとってもかぶりが酷く、画像処理してはゴミ箱への繰り返しで
 3か月もたってしまいました^^;

 そろそろ夏の天体がいい感じになってきましたけど、
 諸々都合で撮影に出かけれてません><

 再始動は5月くらいかな、
 このペースの公開だと3月までに撮影したストックでなんとか続けられそうです。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
八塔寺星を観る会イベント
GPV天気(岡山)
にほんブログ村 天体写真はこちら