気の向くままに写真を撮りたい

星空を写真に撮りたくてはじめました!

Higlasi-2B

当ブログはリンクフリーです。写真も適当にDLしてもらってOKです。
連絡もらえるととても幸せかも
(12/7)リンク集追加しました。みなさんリンクさせてください~
(12/1)デザイン変更しました。

Higlasiちょっとだけバージョンアップ


 ポタ赤のカメラ取付け部はどれも回転部になるので
 取り付けた段階で35°に傾向くことになります。
 なので北方向では自由雲台で90°傾けたとしても
 実質35°までしかカメラは向きません。
 これはHiglasiも同様となります。

 Higlasiの標準雲台ステージ
_MG_5312

 カメラを取り付けるとこんな感じです。
_MG_5311

 これでは北向きで天頂にカメラを向けることができないため
 自由雲台を回転させカメラを斜めにしながら天頂に向けます。
 なので好みのアングルにならない時があるんです。

 これをやまねももんが師匠はタカハシのV字金具をひっくり返し
 水平化されてます。その記事はここ

 私も真似してV字金具買おうかなとも思いましたが
 結構なお値段なのでHiglasiを製造販売されてる業者さんに
 同じようなものが作れないかと相談したところ
 水平になる雲台ステージを作っていただけること

 待つこと1か月ちょっとHiglasiの傾斜ステージが手元に届きました。
_MG_5300

 
_MG_5301

 
_MG_5302

 ぴったり水平です。
 これに自由雲台とカメラを取付けるとこんな感じです。
_MG_5303

 正面
_MG_5305

 後ろ
_MG_5309

 そして天頂ショットだと
_MG_5306

 レンズマウントでここまで傾けれれば満足です。
 カメラだと90°いけますね。
 これでアングルに悩まされることはなくなりこれからの撮影が楽になるわ。
 如意工房さん、対応ありがとうございました。

 利用者の意見や要望をどんどん取り入れてくれて
 日々進化して私はとっても満足しています。
 最新のHiglasiファームウェアはシャッター回数を指定できるようになったとか
 そのうちメンテナンスを兼ねてバージョンアップしてもらわなければ 
 また、Higlasiは3号制作中とのことで
 基本機能はそのままでなんと重量500gになるとのこと(Higlasi-2Bは1.2kg)
 また、ST4互換のオートガイド端子まで装備されるとか今春にはリリースか?
 とっても楽しみにしています。

 またロードマップでは3号が2号と合体して2軸ポタ赤になるともあるようなので
 どこまで進化するんでしょう。

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M42 自宅ベランダ


 やまねももんがさんからF5.6で100枚くらいを
 コンポジットしてみたら?とご指導いただいたので
 さっそく実施してみました。

 もしかして、これまでM42を沢山撮りましたが
 これが一番いいかも@@

M42-BET2


 撮影データ
 Canon EOS KissX4(改)  EF70-200mm f/2.8L USM
 200mm f/5.6 ISO800 30秒× 52枚 2013/11/9 0:13-0:50
 名古屋市内自宅ベランダ Higlasi-2B ドリフト法にて極軸合わせ

 撮影枚数75枚RAWデータをDSSでコンポジット指定で
 52枚が採用されてました。
 あとはDPPで画像を整え、トリミングしたものです。

 今日の空は晴れ、透明度も高く 眼視でも星雲が見れるくらい
 とてもGOODなコンディションでした。

 トリミング前
M42-B

 右上は追尾途中でベランダの屋根が写ったものです。

 これが元画像
IMG_1648

 もちろん光害フィルタは持ってないのでなしです。
 撮影時間が短いし高感度でもなかったのでノイズも
 ほとんど発生していません。
 シャープすぎたのでノイズ除去で少しソフト仕上げっぽく

 以前書きましたが私のPCはWindows8なので
 DSSが動かん!とか言ったら、いつものお友達が
 これ使え!と先週Windows7PC+モニターを持ってきてくれました。
 中には沢山のソフトも入れてくれて。。感謝!
 その甲斐ありましてDSSの処理がやっとできるようになり
 みなさんのご指導していただきこのような社員写真に仕上がったのでした。

 ありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 

Higlasi-2Bデビューと極軸合わせ


 5日にしらびそ高原へ行ってきました。
 そこでHiglasi-2Bのデビューと
 Higlasiファインダーのテストを行ってきました。

 Higlasiファインダー(Vixenモノキュラー)
_MG_8908-E

 Higlasi-2B+表示装置
_MG_0643

 まずはファインダーで北極星を探し
 ファインダー内の中心と思われるところに合わせます。
 ばっちり!なかなかいい感じです。
 その後にHiglasiの極軸穴から北極星を確認し微調整

 で、DPPAスタート 5DMark2 EF100mm ISO3200 F2.8 
_MG_1576-E

 1回目でここまで合いました。
 時間にして機材組み立て後約1分
 いい感じにあったのでこれでとりあえずテスト撮影
 5DMark2 EF100mm  ISO3200 F2.8 60秒
_MG_1582-E

 これ何撮影したんだっけ@@うーーん、思い出せない(汗
 ずれてないですね。
 100mm以下ならこれで十分なのでとっとと撮影開始です。

 今回は新月で北極星もよく見えたってのもありますが
 これまで設置にくらべとても時間短縮ができました。
 いい結果だったと思います。

 Higlasi-2Bデビューです。
 表示装置便利いいぞ~。
 シャッターとインターバル中のカウントが表示されるので、
 シャッター完了まであとどれくらい?とか
 悩まなくてもよくなったですよ。

 今回、現地で仲良くなった方々と
 ポタ赤の話をしていたのですが
 ほかのポタ赤にはシャッターコントロールってないのですね。
 当たり前のように使っているのでなにも思わなかったですが
 よく考えるととっても便利な機能ですね。
 改めてHiglasiの良さを実感したのでした。

 5日遠征の写真はぼちぼち掲載しますね。
 飲んでばっかりであんまり撮影はしてませんけど(汗

にほんブログ村参加中です。
よければ↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村  
 
八塔寺星を観る会イベント
GPV天気(岡山)
にほんブログ村 天体写真はこちら